「共に挑む」チャレンジプログラム

「共に挑む」チャレンジプログラム

MAZDA SPIRIT RACING では「共に挑む」をスローガンとして、
挑戦する人を応援し、多くの方々が楽しめる、
モータースポーツの文化を共に創っていきたいと考えています。

運転免許を持たないお子様から参加できる「eSPORTS」、
さらにeSPORTSから実際のレースに参加する、「バーチャルからリアルへの道」、
また、アマチュアドライバーが参加できるグラスルーツレースの頂点への参戦機会を提供する、
「スーパー耐久レースへの道」、
これら2つのチャレンジプログラムを用意して参ります。

チャレンジプログラム
~倶楽部MAZDA SPIRIT RACING スーパー耐久レースへの道~

マツダは、「倶楽部MAZDA SPIRIT RACING」を立ち上げ、「共に挑む」というスローガンのもと、
モータースポーツをより身近で気軽に楽しんでいただけること、
またジャンルを問わず道具をあやつりスピードに挑戦する方や応援する仲間と繋がり、
共にスピードスポーツを盛り上げていくことを目指しています。

そのコンセプトの元、アマチュアドライバーが参加できるグラスルーツレースの頂点として、
スーパー耐久シリーズへの参戦機会を提供するプログラムです。
純粋にレースを楽しみ、チームワークを重んじながら、より高いレベルで自己研鑽を目指す方、
一方で、共に戦うライバルやチームとともにモータースポーツ文化を創造いただける仲間となっていただける方に、
挑戦していただきたいと考えています。
チャレンジプログラム

倶楽部MAZDA SPIRIT RACING
スーパー耐久レースへの道【具体的な概要、応募条件、方法について】

概要
  • 若干名を募集*1
  • スーパー耐久シリーズ2023 全6戦のうち、複数戦への参加
応募~参戦まで
  • 2022年各シリーズ終了後、公募を開始
  • 2022年11月下旬、マツダのモータースポーツサイト*2 掲載の応募フォームにて申請
  • 2022年12月上旬に説明会(WEB併用)、中旬に選考会を開催予定
  • 2023年1月の東京オートサロンで合格者発表、その後3月の公式戦開幕までに練習機会を提供
応募条件
  • マツダがアマチュアドライバーとして認定したドライバーに限る
  • 2022年 パーティレースシリーズ(ジャパン、北、東、西)の各シリーズ成績上位者
  • 2022年 富士チャンピオンシリーズ ロードスタ―カップ 各クラスの各シリーズ成績上位者
  • 「FIA 国際ドライバーライセンス C 」以上、または「 国内競技 運転者許可証 A 」以上の所持者である事。ただし、「国内競技運転者許可証 A 」所持者については、当該大会前24ヵ月以内に、JAF公認レースに4回以上完走しており、完走認定を受けている事を条件とする(スーパー耐久競技規則 第6条に準ずる)
  • 2023年スーパー耐久シリーズカレンダー*3、およびチームの指定した練習などのスケジュールに参加可能な方(後日発表)
  • 参加費用が負担可能な方*4
 
*1 最終的な参加人数は応募状況と希望者のスケジュールや予算を加味して決めてまいります。
  より多くの方に体験機会を提供したいと考え、1人がシーズンフル参戦ではなく、数戦ずつの参加を想定しています。
*2 応募フォームは11月下旬を目途に当サイトにて公示いたします。
*3 スーパー耐久シリーズ2023 最新のスケジュールは下記サイトを参照ください。
  全7戦が設定されていますが、各クラスはそのうち6戦の参加となります。
  レースウィークは水曜日~日曜日の参加、それ以外に今後練習日を設定いたします。
  ・スーパー耐久シリーズ2023 開催スケジュール: スーパー耐久シリーズ2023 開催スケジュールのご案内(supertaikyu.com)
*4 自己負担費用費目(詳細は11月下旬に紹介予定)
  • レース用個人装備(レーシングスーツは貸与)
    ※FIAの規則に適合したヘルメット、バラクラバス、グローブ、シューズ、アンダーウェア、ソックス、FHR(頭頸部保護)デバイスの用意が必要
  • 対象レース、練習期間中の移動/宿泊/食事費用
  • 傷害保険の加入
  • 車両破損時の修理費(上限を設定)
  • その他、管理費用
マツダの社員含む関係者は選定の対象外といたします。
問い合わせ先: challengeprogram@mazda.co.jp