社外からの評価

(2022年7月15日現在)

マツダは、重要な国内・海外の社外指標や社外評価を特定し、結果の分析を行うことで、自社の取り組みを評価しています。 SRI(社会的責任投資)やESGの格付け機関をはじめとした国内・海外の重要な調査や社外評価に対応することで、 積極的に情報を開示しています。

ESGインデックスへの組み入れ

Dow Jones Sustainability Indexes(DJSI)

S&P Dow Jones Indices社(米国)が作成する代表的なESG指数。

企業の経済・環境・社会面でのサステナビリティの評価により選定。

マツダは2017年9月以降「Asia Pacific Index」に継続選定。

Dow Jones Sustainability Indexes(DJSI)

The Sustainability Yearbook

DJSIの評価機関S&P Globalが企業のESG取り組みを評価し、毎年業種別に優れた企業を表彰。
マツダは2021年度Sustainability Yearbook Memberに選定。

The Sustainability Yearbook

MSCI ESG Leaders Indexes

米国のMSCI(Morgan Stanley Capital International)社によるESGインデックス。
業種において優れたESG評価を得た企業を選定。
マツダは2020年6月以降継続選定。

MSCI

免責事項(Disclaimer)
THE INCLUSION OF Mazda Motor Corporation IN ANY MSCI INDEX, AND THE USE OF MSCI LOGOS, TRADEMARKS, SERVICE MARKS OR INDEX NAMES HEREIN, DO NOT CONSTITUTE A SPONSORSHIP, ENDORSEMENT OR PROMOTION OF Mazda Motor Corporation BY MSCI OR ANY OF ITS AFFILIATES. THE MSCI INDEXES ARE THE EXCLUSIVE PROPERTY OF MSCI. MSCI AND THE MSCI INDEX NAMES AND LOGOS ARE TRADEMARKS OR SERVICE MARKS OF MSCI OR ITS AFFILIATES.

FTSE4Good

英国のロンドン証券取引所グループのFTSE Russellが発表しているESG指標。
マツダは2011年3月以降継続選定。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が採用するESGインデックスへの選定

FTSE Blossom Japan Index

FTSE Russellが日本企業のESGを開示情報ベースに評価し、業種ごとに優れた企業を選定。
マツダは2017年7月新設当初から継続選定。

FTSE Blossom Japan Index

FTSE Blossom Japan Sector ReIative Index

FTSE Russellが日本企業のESGを開示情報ベースに評価し、業種内でESG評価が相対的に 高い銘柄を選定。カーボンインテンシ ティ(売上高あたり温室効果ガス 排出量)が高い企業の気候変動リスク・機会に対 する経営姿勢も評価に反映。
マツダは2022年3月新設当初から選定。

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数

米国のMSCI(Morgan Stanley Capital International)社によるESGインデックス。
日本株上場銘柄のうち、各業種の中から相対的に優れたESG評価の銘柄を選定。2022年6月時点、日本企業305社が選定。
マツダは2022年6月に新規選定。

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)

米国のMSCI(Morgan Stanley Capital International)社によるインデックス。
女性活躍を推進する性別多様性スコアが高い日本企業を選定。
マツダは2019年12月以降継続選定。

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)

S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数

日本市場の動向を示す代表的な株価指数であるTOPIXをユニバースとし、環境情報の開示状況、炭素効率性の水準に着目して、構成銘柄のウエイトを決定する指数。
マツダは2018年9月新設当初から継続選定。

S&P/JPX  カーボン・ エフィシェント 指数

主な認定・評価など

CDP

英国の慈善団体が管理するNGO。投資家、企業、国家、地域、都市が自らの環境影響を管理するためのグローバルな情報開示システムを運営。 マツダは、2021年度調査の気候変動において「A-」、水セキュリティにおいて「B」の評価を獲得。

CDP

Ethibel EXCELLENCE

ベルギーに拠点を置く非営利組織Forum ETHIBEL運営の投資ユニバース。 社会的責任投資(SRI)と企業の社会的責任(CSR)を推進。 マツダは2013年10月以降継続選定。

Ethibel EXCELLENCE

ECPI Global Developed ESG Best in Class

イタリアとルクセンブルクに拠点を置くECPI(E. Capital Partners Indices)社が開発したESGインデックス。 グローバルで優れたESG評価を得た企業から構成される。 マツダは2015年9月以降継続選定。

ECPI Global Developed ESG Best in Class

Ecovadis

フランスに拠点を置く、サステナビリティ分析を行う評価機関。 「環境」「労働と人権」「倫理」「持続可能な資源調達」の4つの分野に分類し、世界160か国、200業種、75,000以上の団体・企業の評価を実施。マツダは評価対象企業の上位5%内の「ゴールド」評価を獲得。

Ecovadis

くるみん認定

厚生労働大臣の認定。次世代育成支援対策推進法に基づき、「子育てサポート企業」を認定。 マツダは2007年にくるみん認定を取得。

くるみん認定