スーパー耐久シリーズ

スーパー耐久シリーズ

2022年チーム・ドライバー紹介

SKYACTIV-Dディーゼルエンジンの可能性を探るパイオニアチーム

TEAM NOPRO

低燃費と耐久性を武器とするアグレッシブな戦略で、スーパー耐久におけるディーゼルエンジンの可能性を探るパイオニア的チームです。2012年にDE型デミオのガソリンエンジン仕様で参戦を開始、2015年からDJ型デミオSKYACTIV-Dにスイッチ。2016年第3戦鈴鹿にて国産ディーゼル車による初優勝を果たし、以後常に上位に名を連ねています。2021年シーズンはMAZDA2バイオコンセプトの開発にも携わり、チームの総合力の高さを実証しています。シリーズは17号車が5位、37号車が8位という戦績を残しました。

#17

#17

#37

#37

#37

モータースポーツをこよなく愛する女性たちが立ち上げた

LOVE DRIVE RACING

2015年にスタートした「マツダウイメンインモータースポーツ」プロジェクトの出身メンバーを中心に構成されたチームで、チーム監督はFIAのウイメンインモータースポーツ委員会の元メンバーで、「世界一速い女性レーサー」として知られている井原慶子さん。2021年は常に上位争いに加わり、第4戦オートポリスで50号車が悲願の初優勝を果たしました。2022年シーズンは1台体制となりますが、戦力を集中させ2勝目とシリーズチャンピオンを目指します。

#50

#50

#50

2021年シリーズチャンピオン&2位獲得の実力チーム

OVER DRIVE

2016年から2018年の3年間、デミオ15MBで参戦。2019年からはロードスターにスイッチし、2020年からロードスター2台の体制となりました。2021年は2台とも常に予選から上位を争い、富士24時間ではワンツーフィニッシュを達成。66号車は、2021年全戦で表彰台に上がる目覚ましい活躍を見せ、シリーズチャンピオンを獲得しました。2022年シーズンはディフェンデイングチャンピオンとして連覇を、また、チャレンジングチームとして若手ドライバーを積極的に起用する2刀流チームとしてシリーズに挑みます。

#65

#66

#66

#66

#456

#456

経験豊富なロードスターマイスターチーム、2度目のチャンピオン獲得を目指す

村上モータース

スーパー耐久を含め、これまで村上モータースとして参戦したレースは全てロードスターのみという生粋のロードスターマイスター。愛媛県を拠点にしており、スーパー耐久へは2012年から先代のNC型ロードスターでスポット参戦を開始。2014年からシリーズエントリーとなり、2016年から現行ND型ロードスターで参戦、2017年はシリーズチャンピオンを獲得しました。また、2019年と2020年の富士24時間レースでは2連覇し、2021年は同3位というロングディスタンスレースでの強さも発揮し、シリーズは4位となりました。地元愛媛を象徴するオレンジのリバリーは本シーズンも不変で、チャンピオン奪回を狙います。

#88

#88

#88

実力を備えたマツダ車唯一のディーラーチーム

HM Racers

マツダ車チームでは唯一のディーラーチーム。ドライバーとレースクイーン以外は株式会社広島マツダのスタッフで構成され、メカニックは毎戦ごとに広島マツダの各店舗から招集されます。参戦初年度の2019年はシリーズ6位、2020年は同4位と順位を上げ、ディーラーチームならではのチームワークと組織力を備えた注目のチームです。2021年はシリーズ9位とやや低迷しましたが、2022年はMAZDA SPIRIT RACINGへのサポートを行うなどチーム体制を拡充しつつ、自チームのシリーズチャンピオンを目指します。

#104

#102

#102

トップドライバーと若手ドライバー、そして学生とのコラボチーム

日本自動車大学校

同校モータースポーツ課の学生たちが授業の一環でメカニックを務めるチーム。参戦初年度の2020年は全戦完走およびポイント獲得でシリーズ6位、2021年はトップ争いに加わり、最終戦では表彰台も獲得、シリーズ3位と大躍進を遂げました。2022年はドライバーに山野哲也を起用、一方では若手の2021年ロードスターパーティレース北日本、東日本のチャンピオンを加えた布陣となり、探求心と向上心が旺盛な学生たちと若手ドライバーに経験豊富なトップドライバーによるチーム構成は更なる飛躍を目指します。

#72

#72

#72

ST-Qクラス

MAZDA SPIRIT RACING MAZDA2 Bio concept

2021年の最終戦に初参加し、2022年はシリーズにフルエントリーするマツダチーム。次世代バイオディーゼル燃料(株式会社ユーグレナが提供する100%バイオマス由来の次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」)を使用した車両でレースに参戦することで実証実験を行うとともに、カーボンニュートラル実現の選択肢の一つとして次世代バイオディーゼル燃料の普及拡大を目指します。また、スーパー耐久に参戦して実績のあるレーシングチーム「TEAM NOPRO」と株式会社広島マツダのレーシング部門「HM RACERS」など社外のレース関係者からのサポートを受けて、メーカー開発車両が出走可能な「ST-Q」クラスに参戦します。

#55

#55

#55