IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権

IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権

チーム・ドライバー紹介

2017年から、ドイツの名門レーシングチーム「チームヨースト」と提携し、「マツダ・チームヨースト」を結成。ヨーロッパの一流ドライバーとアメリカのドライバー育成システムを登ってきたエースドライバーの組み合わせで、レースを戦っています。

2020年のドライバーラインナップは77号車 トリスタン・ヌネス(米国)/オリバー・ジャービス(英国)/オリビエ・プラ(フランス)*、55号車 ジョナサン・ボマリート(米国)/ハリー・ティンクネル(英国)/ライアン・ハンターレイ(米国)*
となっています。(写真左より)

*オリビエ・ブラとライアン・ハンターレイはエンデュランスカップのみに参加

チームヨーストの代表である、ラインホルト・ヨーストはポルシェのワークスドライバーとして活躍した人物です。ドライバー引退後、1978年に自らの名を冠した、「ヨーストレーシング」を設立し、主にスポーツカーレースを舞台に活躍。

ルマン24時間レースでは、ポルシェやアウディと組み、総合優勝14回を誇った名門チームです。現在はマツダUSAとともに、DpiマシンのマツダRT24-Pで悲願のデイトナ24時間レース優勝とIMSAシリーズチャンピオン獲得を目指し、マシンの開発熟成に取り組んでいます。

チームコメント

ネルソン・コスグローブ(マツダUSAモータースポーツダイレクター)のコメント

2020年シーズンに向け、マツダUSAのモータースポーツプログラムをリードすることになり、それは私にとって大きな名誉です。前任者のジョン・ドゥーナンが2014年からチャレンジしてきたプロトタイプカーによるIMSAへのチャレンジは、今シーズンが極めて重要な1年となるでしょう。これまでチームは様々な経験を積み重ね、2019年は勝者となるための術を学ぶことが出来ました。そして2020年は、マツダ・チームヨーストがIMSAチャンピオンの候補となる年です。チャンピオンシップで最強のドライバーラインナップのひとつであり、昨シーズン3回優勝したことに加え、多くの潜在的な可能性を秘めたマシン、エンジン、テクニカルパッケージを揃え、それらすべてがすでに順調に機能しています。まずは開幕戦のデイトナ24時間でそのパフォーマンスをお見せできるように、チーム一丸となってチャレンジしていきます。

マツダUSAモータースポーツ担当ダイレクター、ジョン・ドゥーナン
マツダUSAモータースポーツ担当ダイレクター、ジョン・ドゥーナン

第6戦総合優勝に歓喜するマツダ・チームヨースト

マツダUSAモータースポーツ担当ダイレクター、ジョン・ドゥーナン

第7戦優勝そして2戦連続1-2フィニッシュに沸くダイレクター、ジョン・ドゥーナン氏と#77ドライバーのオリバー・ジャービスとトリスタン・ヌネ



IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権
IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権
IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権
IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権