スーパー耐久シリーズ

スーパー耐久シリーズ

幅広い車種が参戦する、国内屈指の耐久レースシリーズ

スーパー耐久レース(S耐)とは

限りなく市販車に近い車両で長時間を走りきる、人気の耐久レース。
参加車種の多さだけでなく、アマチュアから第一線で活躍するトッププロまで、バラエティ豊かなドライバーの顔ぶれも人気のひとつ。
マツダ車はアクセラ・デミオ・ロードスターが活躍中

3時間、5時間、24時間とサーキットによって異なるレース時間を、1台につき複数4名以下のドライバーで交代して走りぬく歴史ある耐久レース。
速さだけでなく、燃費やチームワークなど様々な要素が勝敗を分けます。
コンパクトカーからスーパーカーまで、8クラスに分類された多種多様な車両が一同に走る姿は圧巻。また、車両の改造範囲は限られているため、市販車の性能や特徴を生かした勝負展開を見る事ができるのも魅力です。
お好きなチームを応援するも良し、お好きな車を応援するも良し、
楽しみ方は様々です。



参戦車両

2019年は過去最高となる8台のマツダ車が参戦

ロードスター
2017年、2018年と2年連続のST-5クラスチャンピオンマシン。
2019年はマツダ車最多の3チーム4台がロードスターで参戦しました。
好成績ゆえに今シーズンはウェイトハンディを20kg課せられましたが、
第3戦の富士24時間レースと第6戦の岡山ではクラス優勝を果たすなど、変わらぬ戦闘力を維持しています。

ロードスターRF

2019年から新たに投入されました。優れた操安性を武器に、激戦区と言われるST-4クラスで86/BRZ勢で挑戦しています。

デミオ15MB

マツダ車唯一のディーラーチームが選んだのは、デミオのモータースポーツベースグレード車15MBガソリン車。2019年第2戦SUGOでST-5クラス2位、第4戦オートポリスで優勝とわずか参戦1年目のチームながらマシンの戦闘力を発揮させました。

デミオSKYACTIV-D

2016年第3戦鈴鹿でS耐史上初のディーゼル車での優勝を飾りました。2019年第1戦鈴鹿でもST-5クラスで優勝しました。

アクセラSKYACTIV-D

長年4WDターボマシンのみで争われていたST-2クラスに2018年から参入し、燃費の良さを武器に健闘中です。参戦2年目となる2019年は第1戦、第2戦、第4戦、第5戦で表彰台を獲得。安定した強さを発揮しています。シリーズ3位にランクイン。

2019年の結果

2019年のスーパー耐久シリーズではST-2/ST-4/ST-5の3クラスに毎戦8台、最大で10台のマツダ車が参加。うちST-5クラス(排気量1500cc以下)はロードスター、デミオ15MB、デミオ SKY-Dとバラエティ豊かな顔ぶれが揃っています。ライバル車はホンダフィット。2017年2018年とロードスターが2年連続でチャンピオンを獲得したため、2019年から+20kgのハンディがロードスターに課せられました。このため初戦は苦しい戦いを強いられましたが、チームの努力によってシリーズ中盤にはトップ争いに加われるまでに回復しました。デミオ勢もそれぞれのマシンの特徴を生かしたレース戦略を駆使して善戦、結果全6戦中、ロードスター2勝、デミオ15MB1勝、デミオDE 1勝と星を分け合う形となりました。この結果、シリーズチャンピオンはフィットが獲得しましたが、フィットとマツダ車、又はマツダ車同士で毎戦繰り広げられる優勝争いは常に目が離せないスリリングな展開となっています。

ST-4クラス(1501cc~2000ccまで)は2019年よりロードスターRFが新たに投入されました。シリーズ後半戦には開発も進み、ロードスターならではのコーナリング特性を武器にライバルの86/BRZ勢に対抗しました。

ST-2クラス(2001cc~3500ccまでの4WD/FWD車) のアクセラ SKY-Dは長年のレース活動から得たノウハウとDE車の燃費の良さを生かしたレース戦略により、絶対的パワーに勝る4WDターボ車を相手に善戦、4回のポディウム&全戦完走によりシリーズ3位を獲得しました。

2019年マツダ車参戦クラス

クラス車両規定
ST-X FIA GT3公認車両
XT-Z FIA GT4 規定車両
ST-TCR TCR 規定車両
ST-1 ST2-ST5以外の車両
ST-2 2001cc~3500ccまでの四輪駆動車両、及び前輪駆動車両 ※アクセラ
ST-3 2001cc~3500ccまでの後輪駆動車両
ST-4 1501cc~2000ccまでの車両 ※ロードスターRF
ST-5 1500cc以下の車両 ※ロードスター・デミオ15MB・デミオSKY-D

2019年ランキング

ST2クラス

#17 DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D 獲得ポイント106 シリーズ3位

ST-4クラス

#54TC CORSE iRacing ROADSTER 獲得ポイント8 シリーズ12位

ST-5クラス

#88 村上モータースMAZDAロードスター 獲得ポイント93 シリーズ2位
#89 村上モータースMAZDAロードスター 獲得ポイント1 シリーズ13位
#37 DXLワコーズNOPROデミオSKY-D 獲得ポイント68.5 シリーズ8位
#66 odula Idia ROADSTER 獲得ポイント76.5 シリーズ4位
#311 東北復興絆 ROADSTER 獲得ポイント5 シリーズ12位
#101 ヒロマツ デミオ 獲得ポイント73 シリーズ6位
#50 LOVE DRIVE RACING ロードスター 獲得ポイント30 シリーズ10位
#78 LOVE DRIVE RACING ロードスター 獲得ポイント49 シリーズ9位

2019年 年間スケジュール

2019年 年間スケジュール

大会開催日レポート開催場所
第1戦 3月23日〜24日 レポート 鈴鹿サーキット
第2戦 4月27日〜28日 レポート スポーツランドSUGO
第3戦 5月31日〜6月2日 レポート 富士スピードウェイ
第4戦 7月20日〜21日 レポート オートポリス
第5戦 9月14日〜15日 レポート ツインリンクもてぎ
第6戦 11月9日〜10日 レポート 岡山国際サーキット
スペシャル
ステージ
8月22日〜25日 鈴鹿サーキット

2020年 年間スケジュール(暫定)

2020年 年間スケジュール(暫定)

大会開催日レポート開催場所
第1戦 3月21日〜22日 鈴鹿サーキット
第2戦 4月25日〜26日 スポーツランドSUGO
第3戦 6月5日〜7日 富士スピードウェイ
第4戦 8月1日〜2日 オートポリス
第5戦 9月19日〜20日 ツインリンクもてぎ
第6戦 10月31日〜11月1日 岡山国際サーキット