about

採用メッセージ

  

「走る歓び」を世界中に届けるため、マツダは挑戦し続ける。

私たちがお客さまに届けたいもの。それは「走る歓び」をカタチにしたクルマです。単なる移動手段ではなく、ドライバーの意図通りに走り、曲がり、止まる。まるでクルマが自分の体の一部になったような心地よい一体感を生み出す「人馬一体」の感覚。クルマを所有し、共に走り、共に過ごすことで得られる心の満足こそ、マツダが世界中の人々に届けたい「走る歓び」です。

走りと低燃費を両立させた「SKYACTIV-TECHNOLOGY」、生命感溢れるデザインを表現する「魂動デザイン」、人間中心の哲学に基づいた独自の自動運転技術開発コンセプト「Mazda Co-Pilot Concept」、さらにはモノづくりのあり方を革新した「モデルベース開発」、「コモンアーキテクチャ」に基づく一括企画、混流生産(多品種少量生産)の実現。これらはすべてマツダが理想とするクルマづくりを実現するために独自で生み出したテクノロジーであり、開発手法です。

自動車業界が100年に一度の変革期を迎えている今こそ、マツダが創造する新しいクルマ文化を世界中に広めるチャンスです。私たちと共に「人間中心」の開発哲学で「走る歓び」を徹底的に追求し、世界一のクルマをつくってみませんか。

募集背景・求める人物

  

大きな変革期だからこそ、多様な人材が活躍できる。

「人間中心」というマツダのクルマづくりのコンセプトはCASE時代においても変わりません。マツダ独自のアプローチにより、さまざまな次世代技術を取り入れた開発を推進しています。2030年には生産するすべての車両に電動化技術を搭載すべく、HEV、PHEV、REX(ロータリーレンジエクステンダー)などマルチソリューションを展開していく予定であり、幅広い車種を横断した開発を行っていきます。

このように、変わりつつある自動車開発の現場では、異なる専門性を持った人同士が互いの力を結集して仕事を進めていく必要があるため、さまざまな分野の方が活躍できるフィールドが広がっています。新しいことを学び続け、常に革新を目指すチャレンジ精神あふれる方、高い倫理観と協調性を有し、チーム協働の姿勢をお持ちの方をマツダは歓迎します。

エントリー