個人投資家の皆様へ

業績について

最新の決算情報

2021年2月4日に2021年3月期 第3四半期決算を発表しました。

2021年3月期 第3四半期累計実績

  2021年3月期 対前年 増減
上期 第3
四半期
第3四半期累計 上期 第3
四半期
第3四半期累計
グローバル
販売台数
(千台)
578 352 930 △152 △24 △176
売上高 (億円) 11,158 8,437 19,595 △5,908 △60 △5,968
営業利益 (億円) △529 209 △320 △787 +144 △643
経常利益 (億円) △533 221 △312 △873 +60 △813
税引前利益 (億円) △752 207 △545 △1,079 +56 △1,023
親会社株主に帰属する当期純利益 (億円) △930 148 △782 △1,096 △10 △1,106
売上高営業利益率 △4.7% 2.5% △1.6% △6.2pts +1.7pts △2.9pts
EPS (円) △147.7 23.5 △124.2 △174.1 △1.5 △175.6
為替
レート (円)
US
ドル
107 105 106 △2 △4 △3
ユーロ 121 125 122 0 +4 +1

2021年3月期第3四半期累計(2020年4月~2020年12月)のグローバル販売台数は、対前年16%減の93万台となりました。財務実績については、売上高は対前年23%減の1兆9,595億円、営業損失は320億円、経常損失は312億円、親会社株主に帰属する当期純損失は782億円となりました。

第3四半期の3か月では、販売回復と固定費抑制に継続的に取り組んだ結果、営業利益209億円、経常利益221億円、親会社株主に帰属する当期純利益148億円と、全ての利益レベルで四半期黒字となりました。

為替レートは、平均で1USドル106円と前年に比べて3円の円高、1ユーロ122円と前年に比べて1円の円安となりました。

2021年3月期 見通し

  2021年3月期 対前年 増減 対11月
公表
増減
上期 下期 通期 上期 下期 通期 通期
グローバル
販売台数

(千台)
578 721 1,300 △152 +32 △120  0
売上高
(億円)
11,158 17,842 29,000 △5,908 +605 △5,303 +500
営業利益
(億円)
△529 529 0 △787 +351 △436  +400
経常利益
(億円)
△533 593 60 △873 +402 △471 +400
税引前利益
(億円)
△752 542 △210 △1,079 +376 △703 +400
親会社株主に帰属する当期純利益
(億円)
△930 430 △500 △1,096 +475 △621 +400
売上高営業利益率 △4.7% 3.0% 0.0% △6.2pts +2.0pts △1.3pts +1.4pts
EPS (円) △147.7 68.3 △79.4 △174.1 +75.4 △98.7  +63.5
為替
レート (円)
US
ドル
107 104 105 △2 △5 △3  △1
ユーロ 121 125 123 0 +5 +3 +1

2021年3月期(2020年4月~2021年3月)のグローバル販売台数は、市場別の内訳を見直しましたが、11月公表の130万台から変更ありません。

財務指標については、第3四半期の業績改善が順調に進捗したことを踏まえ、通期見通しを上方修正しました。売上高は2兆9,000億円、営業利益は販売促進費や固定費の改善効果が順調に出ていることを踏まえブレークイーブン、親会社株主に帰属する当期純損失は500億円としています。

為替前提については、実勢を反映し、1USドル105円、1ユーロ123円に見直しました。

今後も、既に着手した構造改革を加速し、これからの事業環境の変化に耐えうる企業体質への転換を図ってまいります。


決算資料・プレゼンテーション資料

決算短信や決算説明会などの決算に関する資料をご覧いただけます。

決算資料・プレゼンテーション資料はこちら

過去の業績推移

グローバル販売台数(千台)

売上高(億円)

営業利益(億円)

親会社株主に帰属する当期純利益(億円)


業績・財務データ

主要経営指標の推移を掲載しています。

業績・財務データはこちら