CSR

事故を未然に防ぎたい

交通安全啓発

【日本】(株)岡山マツダ、マツダオートザム伊東、マツダオートザム梅林 他販売会社

交通安全啓発

警察や学校と連携し、交通安全促進

 マツダの販売店では、地元の警察署と連携し、カーブミラーの清掃や交通安全の呼びかけを行うなど、交通安全啓発に取り組んでいます。
 マツダオートザム梅林では、2020年度から、近隣の小学校や幼稚園、保育園周辺の通学路24カ所に設置されているカーブミラーの清掃を開始しました。これは、「マツダオートザム梅林SDGs清掃活動」の一環として行ったもので、会社周辺の河川、道路、公園(4カ所)の清掃活動を含め、従業員全員参加の下、実施しました。
 マツダオートザム伊東では、交通事故撲滅を目指すため活動に取り組んでおり、2003年以来、延べ1,000基以上のカーブミラーの清掃・点検を実施し、結果を警察署に届け出ています。2020年度は、48カ所の清掃を行いました。

 岡山マツダでは、毎年、春の交通安全県民運動期間に合わせ、岡山県交通安全対策推進協議会と連携し、全店舗で各近隣の道路標識・カーブミラーの清掃や道路・歩道などの清掃を行っています。2020年度は、総勢220名が参加しました。また、交差点での高齢者・子どもの横断サポートや、自転車通学の誘導を学校の先生と行いました。加えて、来店されたお客さまに、早目のライト点灯や横断歩行者の保護など、クルマを運転する際の交通安全ポイントをお伝えしました。


数字で見る実績

カーブミラーの清掃継続年数:
マツダオートザム梅林 1
マツダオートザム伊東 18
岡山マツダ 13