CSR

事故のない社会の実現を願って

交通安全啓発

【日本】(株)岡山マツダ、マツダオートザム伊東、(株)東北マツダ、北海道マツダ販売(株)、(株)函館マツダ 他販売会社

警察と連携し、交通安全促進

警察と連携し、交通安全促進

 マツダの販売店では、地元の警察署と連携し、カーブミラーの清掃や交通安全の呼びかけを行うなど、交通安全啓発に取り組んでいます。
 岡山マツダでは、毎年、春の交通安全県民運動期間に合わせ、岡山県交通安全対策推進協議会と連携し、全店舗で各近隣の道路標識・カーブミラーの清掃や道路・歩道などの清掃を行っています。2018年度は、総勢180名が参加しました。
 マツダオートザム伊東では、2003年以来、約1,000基のカーブミラーの清掃・点検を実施し、結果を警察署に届け出ています。2018年度は細い路地、カーブの多い地区を中心に洗浄クリーナーを使用して清掃しました。

 東北マツダでは、山形県自動車販売店交通安全対策推進協議会と連携しカーブミラーの清掃を行っています。参加した社員からは「きれいにすることで安全への意識が高まった」「安全運転するように心がけようと思った」などの感想があり、社員の安全意識向上にも繋がっています。


数字で見る実績

継続年数:
岡山マツダ 11
マツダオートザム伊東 16
東北マツダ 5

 

立哨活動や交通安全パレード実施

 北海道マツダ販売は、自動車販売連合会札幌支部や北海道警察本部と連携し、4月〜9月の毎月第1木曜日、就業前に店舗前で交通安全と交通マナー向上を呼び掛ける立哨活動を実施しています。2018年度は、延べ500名が参加しました。
 また、函館マツダは、秋の全国交通安全運動の一環として、特殊車両46台による交通安全パレードを実施しました。


数字で見る実績

継続年数:
北海道マツダ販売 23
函館マツダ 9

立哨活動や交通安全パレード実施