CSR

事故のない社会の実現を願って

交通安全啓発

【日本】販売会社

警察と連携し、交通安全促進

 マツダの販売店では、地元の警察署と連携し、カーブミラーの清掃や交通安全の呼びかけを行うなど、交通安全啓発に取り組んでいます。
 岡山マツダでは、毎年、春の交通安全県民運動期間に合わせ、交通安全に寄与する活動として、岡山県交通安全対策推進協議会と連携し、全店舗で各近隣の道路標識・カーブミラーの清掃や道路・歩道などの清掃を行っています。

 2017年度は、清掃に必要な機器を積み込んだ専用車両を準備し、総勢179名が参加しました。
 また、マツダオートザム伊東では、カーブミラーの清掃・点検を実施し、結果を警察署に届け出ています。


数字で見る実績
継続年数:岡山マツダ 10
マツダオートザム伊東 15

立哨活動や交通安全パレード実施

立哨活動や交通安全パレード実施

 北海道マツダ販売は、自動車販売連合会札幌支部や北海道警察本部と連携し、4月~9月の毎月第1木曜日、就業前に店舗前で交通安全と交通マナー向上を呼び掛ける立哨活動を実施しています。2017年度は、延べ550名が参加しました。
 また、函館マツダは、秋の全国交通安全運動の一環として、特殊車両35台による交通安全パレードを実施しました。

警察と連携し、交通安全促進