CSR

世界に誇れるモノづくりの拠点を目指して

共創ゼミ

【日本】マツダ(株)

世界に誇れるモノづくりの拠点を目指して

広島発の新たな価値を提供する人材育成

 マツダのデザイン部門と広島市立大学芸術学部との協働により、2017年5月に共創ゼミを開講しました。これは、ひろしま自動車産学官連携推進会議の「2030年産学官連携ビジョン」に沿って、「広島を自動車に関する独創的技術と文化を追い求める人々が集まり、世界を驚かせる技術と文化が持続的に生み出される聖地にする」ことを目指し、取り組みを開始したものです。
 2018年度は、クレイモデラーによるデモストレーションを交えながら、マツダのデザインコンセプト「魂動デザイン」を理解し、工業用粘土を使って美しい形を研究。「エレガントなフォルム」をテーマに「人の役に立つ」という視点も取り入れた、より具体的で難易度の高い作品づくりにチャレンジしていただきました。学生ならではの新鮮な切り口と美しい形を追求する姿勢がみられる興味深い作品が多数制作されました。

広島発の新たな価値を提供する人材育成


数字で見る実績
継続年数:2