CSR

荒波にも負けないプロの技!

自動車専用船見学会

【日本】マツダ(株)

高さ15階建てビル相当の大型自動車運搬船の内部に潜入

高さ15階建てビル相当の大型自動車運搬船の内部に潜入

 マツダは、1996年より毎年小中学生とその保護者をお招きして、自動車専用船見学会を開催しています。
 2018年度は、12月に広島県の本社工場に抽選で選ばれた66名をお招きして、全長約200m、積載能力6,430台の大型自動車運搬船「ヘスティア・リーダー号」を見学。また、10月には山口県の防府工場に46名をお招きして「オニキスアロー号」を見学。

荒波にも負けないプロの技!

 見上げるほど大きいこれらの船に、輸出されるマツダ車が次々と積み込まれ、誘導員の笛の合図に従ってわずか10cmの車間で瞬く間に駐車されていく様子はまさに圧巻。参加者はプロの技に一様に驚かれていました。
 船積みの様子を見学した後は、クルマ固定作業体験に加え、操縦室での船長さんからのレーダーデモンストレーションやレクチャーを受けながらの舵取り体験をしていただきました。参加者からは、「クルマ固定の技術が素晴らしく、早く、正確にできることに驚いた」「車両の組立、船積み見学を通して、仕事の大変さや物流の重要性など子どもにとって勉強になった」などの感想をいただきました。


数字で見る実績
継続年数:広島 23 年、防府 6
累計参加者数:広島1,190名、防府262