CSR

世界に誇れるモノづくりの拠点を目指して

共創ゼミ

【日本】マツダ(株)

共創ゼミ 作品

広島発の新たな価値を提供する人材育成

 マツダのデザイン部門と広島市立大学芸術学部との協働により、2017年5月に共創ゼミを開講しました。これは、ひろしま自動車産学官連携推進会議の「2030年産学官連携ビジョン」に沿って、「広島を自動車に関する独創的技術と文化を追い求める人々が集まり、世界を驚かせる技術と文化が持続的に生み出される聖地にする」ことを目指し、取り組みを開始したものです。
 2019年度は、「移ろい」がテーマ。「やりきったと納得できる完成度」「ひと目見て圧倒される、誰もが感動を得られる」「世の中の役に立つという視点で考える」の3点を、求める方向性および注力点とし、日本の美意識を感じさせる作品の創作に取り組んでいただきました。学生からは、「ゼミで頂いた言葉を胸に、就職後もひとりのアーティストとして頑張っていきたい」などの感想をいただきました。

広島発の新たな価値を提供する人材育成


数字で見る実績
継続年数:3