CSR

野生生物保護を推進

動物園や保護センターの支援

【カナダ】マツダカナダ, Inc.(MCI)
【ニュージーランド】マツダモータースオブニュージーランドLtd.(MMNZ)

動物園や保護センターの支援

動物園のブランドカラーに染まったクルマで業務をサポート

 MMNZは、非営利の野生動物保護団体として、ニュージーランドと世界の両方で野生動物の保護と未来を築くことに重点を置いているオークランド動物園*とのパートナー契約に基づき、2012年よりマツダ車を提供して同動物園を支援しています。
 現在提供しているのは、MAZDA3、CX-8、BT-50の3台。動物園のブランドカラーに合わせてオレンジ色のラッピングが施されたこれらのクルマは、野生動物(在来種・外来種)135種、1,400匹を超える動物たちを飼育しているニュージーランド最大級の動物園で、動物の輸送やスタッフの園外での保護活動など日々の業務をサポートしています。

 また、地域の学校の15クラスの生徒がオークランド動物園を訪れ、動物や環境について学ぶための活動費を提供しています。

* https://www.aucklandzoo.co.nz/(英語ページのみ)
年間500,000名以上の来場者があるオークランド動物園は、世界で最も先進的な動物園として高い評価を得ています。


数字で見る実績

継続年数:9
提供車両数:3

医療が必要な野生動物を従業員みんなで支援

 MCIは、病気やけがで親を失った野生動物に医療とリハビリテーションケアを提供しているトロント・ワイルドライフ・センター*を支援しています。
 2020年度は4月から8月にかけて、従業員は、さまざまなイベントに取り組み資金を集め、寄付しました。

* https://www.torontowildlifecentre.com/(英語ページのみ)


数字で見る実績
継続年数:5