CSR

ドライバーはサンタクロース!?トナカイ!?

サンタプロジェクトの支援

【日本】マツダ(株)

ドライブを通じて子どもたちに笑顔を

ドライブを通じて子どもたちに笑顔を

 マツダは、マツダ車オーナー有志の皆さまと共に、児童養護施設などに入所している子どもたちのために、地域貢献活動を行っています。
 2003年にマツダの発案で始まり、現在は神奈川県を中心とした18の企業・団体と協働で運営している「サンタプロジェクト」に毎年参加。2016年からは東京都でも6つの企業・団体と協働で運営している「サンタプロジェクト」が開催され、参加を継続しています。

ドライバーはサンタクロース!?トナカイ!?

 2018年度は、「サンタが街にやってきた!2018」が11月に東京駅周辺で、12月に横浜みなとみらい21の周辺と、新たに広島で実施されました。マツダの役員をはじめ従業員ボランティアは、3会場合計36名でした。子どもたちは、サンタクロースやトナカイに扮したボランティアが運転する「マツダ ロードスター」などのクルマの助手席に乗ってドライブ。街を歩く人たちと手を振りあうなど、心の触れ合いもできました。
 東京と広島の活動では、警察署のご協力で、交通安全教室も行いました。


数字で見る実績
継続年数:横浜 16 年、東京 3 年、広島 1