CSR

支援したい!活躍の場の拡大

福祉施設や障がいのある方の支援

【日本】マツダ(株)、倉敷化工(株)

 マツダは、命名権を取得した広島市民球場(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)の来場者数100万名の節目ごとに、マツダ製の福祉車両1台を社会福祉団体に贈呈しています。
 2017年度は、累計来場者数が3月31日に1,400万名、7月2日に1,500万名、9月16日に1,600万名に達したことを受け、広島市の団体に3台贈呈しました。

 寄贈先では、福祉施設利用者の作業場所への移動などに活用いただいています。


数字で見る実績
継続年数:9
累計贈呈台数:16

スタジアム累計来場者数に応じて福祉車両贈呈

スタジアム累計来場者数に応じて福祉車両贈呈

障がいのある方の社会的自立を支援

障がいのある方の社会的自立を支援

 自動車用ゴム部品、産業用防振・防音・緩衝機器の製造販売を行う倉敷化工では、障がいのある方一人ひとりの社会的自立を目指した取り組みを1983年から支援しています。2017年度も継続して、重度障害者多数雇用事業所から、倉敷化工で使用する部品を積極的に購入する他、福祉団体などへの協賛を行いました。


数字で見る実績
継続年数:35