CSR

リチウムイオンバッテリーの回収

使用済自動車の再資源化等に関する法律(通称:自動車リサイクル法)施行規則が、2012年2月1日に改正・施行され、解体時の事前回収物品に「リチウムイオン電池」と「ニッケル・水素電池」が追加されました。

マツダ(株)では、使用済のリチウムイオンバッテリーの適正な処理を行なうため、回収を行なっております。リチウムイオンバッテリー搭載車を廃車解体処理する際は、必ず事前にリチウムイオンバッテリーを取外していただき、回収にご協力をお願いします。

事前回収作業時の安全確保のため、対象車種の取外しマニュアルをよくお読みいただき、適正・安全な取外し作業を行なってください。

 

【自再協を窓口とした無償回収システム】

自再協を窓口とした無償回収システム

 

リチウムイオンバッテリー取外し・回収マニュアル
(日本国内 自動車解体業者様向け)

  1. M ハイブリッド用バッテリ 取外し・回収マニュアル

  2. MX-30(DR) - 高電圧(駆動用)バッテリ 取外し・回収マニュアル

  3. リチウムイオンバッテリパック 取外し・回収マニュアル

    (エネチャージ車、S-エネチャージ車、マイルドハイブリッド車)