CAROL360 モデルカー 1/43 100周年限定モデル

CAROL 360

モデルカー 1/43

クリフカットスタイルが特徴的なマツダ2番目の乗用車

マツダ第2弾の乗用車として登場したキャロル360。軽自動車の規格ながら、大人4人が乗れる余裕の室内空間を実現するため、ルーフ後方を大胆に切り落としたクリフカットと呼ばれるスタイルを採用。ユニークなボディ形状を1/43スケールでも忠実に再現しました。

SPEC

  • CAROL 360 モデルカー 1/43 100周年限定モデル
    Car
    車名 CAROL 360
    ボディカラー パステルグレー/リヨンブルー
    登場 1962 - 1970
    Model
    メーカー スパーク
    サイズ 1/43
    材質 レジン
    価格 ¥9,570(税込)
    部品番号 MD05V99X1
    パッケージサイズ
    (縦/横/高さ)
    16.5×7.5×7.0 cm

PACKAGE

MODEL CAR COLLECTIONのモデルカーは100周年記念ロゴマーク入りの台紙が入ったスペシャルパッケージとなっています。

  • 100周年モデルカーのパッケージに挿入される100周年記念ロゴマーク入りの台紙

STORY

  • CAROL 360 の実車

    R360クーペに次ぐマツダ第二弾の乗用車となったのが、本格ファミリーカーの「キャロル」でした。リアに搭載したアルミ合金製エンジンは軽自動車で初となった水冷4気筒で、乗用車にふさわしい静粛性を誇りました。また、クリフカットと呼ばれる斬新なリアスタイルを採用し、後席乗員の居住性を高めたことも特徴でした。発売3ヶ月後にはデラックス車を、翌年には軽自動車初の4ドア車を追加するなど、「キャロル」は次々に機種を拡充。1966年のマイナーチェンジを挟んで1970年まで生産を継続し、総生産台数は27万4千台に達しました。