i-ACTIVSENSE 〜あなたの走りをサポートする安全技術〜

i-ACTIVSENSEは、ミリ波レーダーやカメラなどの検知デバイスを用いたマツダの先進安全技術の総称です。事故が避けづらい状況での衝突回避・被害軽減を図るプリクラッシュセーフティ技術に加え、認知支援を行いドライバーの安全運転をサポートするアクティブセーフティ技術で構成されています。

マツダの
安全思想動画を見る

i-ACTIVSENSE の技術ラインナップ

■アクティブセーフティ技術(事故を未然に防止する)

プリクラッシュセーフティ技術(事故のリスクを軽減)

  • SCBS&SBS※

    ブレーキの自動制御で衝突被害を軽減する技術です。

  • AT誤発進制御※

    アクセルペダルの踏み間違いによる急発進を抑制してくれる技術です。

※ AFS、HBC、MRCC、RVM、LDWS、SCBS、AT誤発進制御、SBSは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。

その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか「取扱書」をご確認ください。