English


MAZDA CONNECT

“つながる“ことで広がる運転の楽しさを、安全な運転環境とともにお届けする新世代カーコネクティビティシステム「マツダ コネクト」

クルマをコミュニケーションツールにする「マツダ コネクト」

「マツダ コネクト」は、スマートフォンなどのモバイル機器を接続して、SNSやインターネットラジオなどのウェブコンテンツをクルマの中で楽しめます。
またスマートフォンなどの進化に対応してシステムのソフトウェアをアップデートできるため、最新のサービスを利用することができます。もちろんBluetoothやUSB接続を使って、スマートフォンやポータブルオーディオに取り込んでいる音楽を車内で再生することもできます。

画像:クルマをコミュニケーションツールにする「マツダ コネクト」

運転に集中できるコクピット設計

コネクティビティシステムを活用すると、走行中に得られる情報量が飛躍的に増えます。そのために、ドライバーの視線移動量や運転以外の操作が増えれば、安全な走行に影響が出かねません。マツダは、コネクティビティシステムの開発と並行して、走行安全性について徹底的に考察。不注意運転の要因を「見るわき見」「意識のわき見」「操作」の3つに分類し、それぞれを最小化するため様々な工夫を凝らしています。こうした綿密な設計により、多くの情報を扱いながらも安全に運転に集中できる コクピットを追求しています。

画像:運転に集中できるコクピット設計

マツダ コネクトを安心して楽しめる、こだわりのアイテム。

マツダが造り上げたコクピットでは、確認時の迷いが少なくなるよう、運転中に扱う情報を「走行情報」と「快適・利便情報」に明確に分けてゾーン配置。またディスプレイやスイッチ類のレイアウトでは、視線移動と姿勢変化の少なさを徹底的に追求しています。 この設計に基づき、マツダ コネクトの基本アイテムとなる7インチセンターディスプレイ、コマンダーコントロール、アクティブ・ドライビング・ディスプレイには、その形状からサイズに至るまでさまざまな工夫を注ぎ込みました。すべては安全に走りながら、安心して楽しむために。マツダ コネクトのこだわりのアイテムです。

画像:マツダ コネクトを安心して楽しめる、こだわりのアイテム。

7インチWVGAセンターディスプレイ

ドライバーからの視線移動が最小となるダッシュボード上に、高解像度の独立型WVGAディスプレイを設置しました。さらに運転中でもひと目で情報を確認できるよう、フォントのデザインからひとつの画面に表示するコンテンツの数に至るまで、きめ細かな工夫を織り込みました。特に文字サイズと行間のスペースには、理論に基づいた緻密な計算から導き出した、人間が「見やすい」と感じる数値を設定。わかりやすさと読み取りやすさを徹底的に追求しています。

コマンダーコントロール

スイッチを探すことなくスムーズに操作できるよう、ステアリングから左手を自然に下ろした位置に設置しています。中央のロータリースイッチの周囲には、ホーム画面やオーディオ、ナビゲーションなど、よく使う項目に直接アクセスできるスイッチを配置。さらにはそのスイッチレイアウトにもこだわり、コマンダーコントロールに手を添えたときの指の位置がそのままスイッチの位置となるようにしています。これにより、手もとを見ることも迷うこともない直感的な操作を可能にしました。

アクティブ・ドライビング・ディスプレイ

メーターフードの前方に透明な板が立ち上がり、そこに「虚像」として情報を投影するマツダ初のアイテムです。メーターよりも高い位置に設置し、しかもドライバーから約1.5mも前方に焦点を結んで見えるため、道路と情報表示との視線移動を最小限にすることができます。さらに、情報の種類によってフォントや文字サイズ、表示位置を使い分けるなど、瞬間的に内容が理解できるよう工夫を凝らしています。また、周囲の明るさに合わせて自動で輝度を調節する機能も備えています。

手もとを見ずに操作できるコマンダーコントロール

画像:手もとを見ずに操作できるコマンダーコントロール

Applications

インテリジェント・ドライブ・マスター(i-DM)のティーチング機能の表示、i-stop(アイ・ストップ)やi-ELOOP(アイ・イーループ)の作動状況、ハイブリッド車の制御情報、平均燃費などを確認できる「燃費モニター」、定期点検やオイル点検/交換時期などを表示する「メンテナンス」、メーターに表示される警告の内容を確認できる「ウォーニングガイダンス」を設定しています。

  • ※ハイブリッド車では「ドライブモニター」となります。

Applications:できること

  • i-DMの確認
  • 燃費モニター/ドライブモニターの確認
  • メンテナンス(定期点検などのお知らせ)
  • ウォーニングガイダンス
画像:Applications

Entertainment

スマートフォンを活用したインターネットラジオ「Ahaラジオ※1」やポータブルオーディオ※2のほか、AM/FMラジオ、メーカーセットオプションのCD/DVDプレーヤー※3、TV※3などの多彩なメディアが楽しめます。もちろん、スマートフォンに取り込んだ音楽を車内で聴くことも可能※2です。「Ahaラジオ」を使えば、FacebookのニュースフィードやTwitterの新着ツィートを音声で聴くことがます。さらに、それに対して「いいね!」を返信したり、音声メッセージを投稿することも可能です。

  • ※1 スマートフォンとBluetooth®の接続が必要です。
  • ※2 Bluetooth®、USB、AUXミニジャックいずれかの接続が必要です。またAUXミニジャックで接続した場合は、ポータブルオーディオをコマンダーコントロールで操作することはできません。
  • ※3 走行中は映像が表示されません。音声のみとなります。
  • * スマートフォンやポータブルオーディオの機種によっては対応できないものもございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。

Entertainment:できること

  • スマートフォンアプリに対応(Aha、Stitcher)
  • Bluetooth®、USB、AUXミニジャックによる幅広い機器への対応
  • AM/FMラジオ
  • CD/DVDプレーヤー、TV(メーカーセットオプション)

画像:Entertainment

Ahaは車内インフォテイメントとして、インターネットラジオ、ニュース、ポッドキャストや天気予報など、世界4万局以上のウェブコンテンツを提供するクラウド・プラットフォームです。

インターネットラジオ

車内インフォテインメントとして、インターネットラジオ、ニュース、ポッドキャストや天気予報など、世界4万局以上のウェブコンテンツを一貫した使いやすいインターフェイスで安全に自動車に提供するクラウド・プラットフォームです。無料アプリ「Aha radio(アハ ラジオ)」をダウンロードしたスマートフォンをクルマに接続して使用します。すでに欧米を中心とする世界50カ国以上で、10社以上の自動車メーカー・ブランドと地域ごとに提携しています。

Facebook、Twitter

運転中の安全を考慮し、投稿されたメッセージを音声で読み上げてくれます。

  • *始めにiTunes®やGoogle PlayTMからAhaアプリ(無料)をお客様のスマートフォンにダウンロードし、マツダ コネクトに接続する前に、スマートフォンでAhaの中の聞きたいチャンネルをセット(プリセット)していただく必要があります。
  • *iTunes®はApple Inc.の商標です。Google PlayTMはGoogle Inc.の商標または登録商標です。

Communication

Bluetooth®対応のスマートフォンを接続すると、ハンズフリー通話やショートメッセージの読み上げを利用できます。ショートメッセージ機能は定型文の中から返信もでき、停車中であればディスプレイに表示したキーボードを操作して定型文を編集することもできます。

  • *スマートフォンの機種によっては対応できないものもございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。

Communication:できること

  • ハンズフリー通話
  • ショートメッセージ機能
  • メッセージ読み上げ機能
  • 定型文の返信/編集(編集は停車時のみ)

画像:Communication

※走行時はメールの文章は表示されず、読み上げのみとなります。再生ボタンで読み上げます。停車時は、モニターにメッセージの内容が表示されます。

Navigation

地図表示やルート案内などをセンターディスプレイに表示するとともに、アクティブ・ドライビング・ディスプレイに進行方向を表示。またコマンダーコントロールを使えば、走行中でも登録しているお気に入りや履歴から目的地を設定することが可能です。

  • *ナビゲーションを機能させるには、ショップオプションのナビゲーション用SDカードのご購入が必要となります。

Navigation:できること

  • 多彩な目的地検索(オートリルート、中継地点経由検索など)
  • ナビゲーションの2画面表示
  • スマートインDSRC/ETCシステムに対応(ショップオプション)
  • 地図データの3年間無料更新(地図は年1回の更新)

画像:Navigation

Settings

Bluetooth®対応機器のペアリング、センターディスプレイやサウンドなどのセッティング、アクティブ・ドライビング・ディスプレイの明るさや角度調整などが行えます。スマートフォンのBluetooth®接続は、一度ペアリングを設定すれば次回からは自動的に接続されます。また、ペアリングは7台まで登録でき、2台の同時使用が可能です。

  • ※2台同時使用時には、1台は電話、もう1台はオーディオでの使用となります。

Settings:できること

  • Bluetooth®対応機器のペアリング
  • センターディスプレイやサウンドなどのセッティング
  • アクティブ・ドライビング・ディスプレイの明るさ・角度調整
  • 音質や時刻の調整
  • 安全装備の設定

画像:Settings

Favorite

お気に入りに登録すれば、ナビゲーションの目的地や電話番号など、よく使う項目へ素早くアクセスできます。操作はコマンダーコントロールの★ボタンを押すだけです。お気に入りへの登録も、★ボタンを長押しするだけで簡単に行えます。

Favorite:できること

  • ナビゲーションの目的地の設定
  • 電話番号の登録
  • AM/FMラジオ局の登録

画像:Favorite

  • *画像はイメージです。
  • ※ 掲載の内容は平成25年10月時点の情報をもとに作成しています。
  • ※ 掲載の内容は車種・仕様により異なります。