印刷ページを表示


ニュースリリース
  • ニュースリリース
  • 2014年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2013年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2012年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2011年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2010年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2009年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2008年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2007年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2006年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2005年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他

 

2013年12月25日


東京オートサロン2014にSKYACTIV技術をフル搭載し、魂動デザインのスポーツイメージをより強化し、「走る歓び」を追求したコンセプトモデルを出品

−北米グランダムGXクラスのマニュファクチャラーチャンピオン獲得のMAZDA6を特別展示−

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、2014年1月10日〜12日に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される「東京オートサロン2014 with NAPAC*1」に、SKYACTIV技術をフル搭載し、魂動デザインのスポーツイメージを強化した新型「アクセラ」、「アテンザ」、「CX-5」のカスタマイズモデルを参考出品します。

 また、北米で2013年グランダムROLEXシリーズGXクラスのマニュファクチャラーチャンピオンを獲得した「Grand Am GX MAZDA6 SKYACTIV-D Racing」優勝車両を展示します。このレーシングモデルは、マツダノースアメリカンオペレーションズとプライベートチーム「スピードソースエンジニアリング」が「SKYACTIV-D」のレース仕様エンジンの開発を推進し、2013年から北米レースシーンに挑戦。ディーゼルエンジン搭載レースカーとして、このシリーズにおいて初めての栄冠を獲得しています。

 

「アクセラスポーツ マツダ デザインコンセプト2014」 「Grand Am GX MAZDA6 SKYACTIV-D Racing」
「アクセラスポーツ
マツダ デザインコンセプト2014」
「Grand Am GX
MAZDA6 SKYACTIV-D Racing」

 

■「東京オートサロン2014」出品車両一覧

  車両名称 備考
1 北米レーシングモデル「Grand Am GX MAZDA6 SKYACTIV-D Racing」 参考出品車
2 マツダ「AXELA SPORT MAZDA DESIGN CONCEPT 2014」 参考出品車
3 マツダ「ATENZA SEDAN MAZDA DESIGN CONCEPT 2014」 参考出品車
4 マツダ「AXELA SEDAN MAZDA DESIGN CONCEPT 2014」 参考出品車
5 マツダ「ATENZA WAGON MAZDA DESIGN CONCEPT 2014」 参考出品車
6 マツダ「CX-5 MAZDA DESIGN CONCEPT 2014」 参考出品車

 

■全てのマツダ展示車を貫くトータルコンセプト:

 トータルコンセプトは、「KODO SPIRIT〜デザインが、走る歓びを、加速する〜」。レーシングモデルから量産販売車まで、全てのマツダ車は「魂動デザイン」をまとうことにより、一貫してマツダらしい「走る歓び」を追求しました。今回、魂動デザインのスポーツイメージを際立たせ、「マツダ デザインコンセプト」として、「魂動デザイン」と「SKYACTIVテクノロジー」で貫かれている新世代モデルをベース車に、提案します。

 

■各展示車(参考出品車)の内容:

1. 北米レーシングモデル「Grand Am GX MAZDA6 SKYACTIV-D Racing」
 マツダノースアメリカンオペレーションズがグランダム GX シリーズに参戦し、2013年シリーズ優勝した、ハイパワークリーンディーゼル・レーシングカーです。 2.2Lディーゼルターボエンジンパーツの半数以上は、アテンザ等に搭載の量産エンジンSKYACTIV-Dのパーツをそのまま使っています。今回は、グランダム GX シリーズで実走してきた優勝モデルを展示します。
2. マツダ 「AXELA SPORT MAZDA DESIGN CONCEPT 2014」
 「SKYACTIV-D」+「SKYACTIV-MT」(6MT)車をベースに、純正用品のエアロパーツ「MAZDASPEED エクステリア」、足回りは、ブレンボ社製ブレーキキャリパーや強化メンバーブレース等を装備したサーキットトライアル仕様です。サーキットを走行するユーザーの要求に応えたフルバケットシート等のスペックアップとデザインを実現した、走りのための本格ディーゼルスポーツモデルとしています。
3. マツダ「ATENZA SEDAN MAZDA DESIGN CONCEPT 2014」
 「SKYACTIV-D」+「SKYACTIV-MT」(6MT)車をベースに、マツダデザイン部門が監修したオリジナルエアロパーツ、ブレンボ社製ブレーキキャリパー等を装備したサーキットトライアル仕様です。エクステリアは、ソウルレッドの外板色に、ルーフ、アルミホイール、エアロパーツ等をブラックでコーディネイトしました。内装は、快適性も考慮したセミバケットシートや、トリム素材からシーリング素材までアルカンターラ®*2などのブラック素材でトータルコーディネイトしています。サーキットを走行するユーザーの要求に応えスペックアップと快適性を両立させた、大人のためのディーゼルスポーツセダンです。
4. マツダ「AXELA SEDAN MAZDA DESIGN CONCEPT 2014」
 「SKYACTIV-G 1.5」+「SKYACTIV-MT」(6MT)車をベースに、純正用品のエアロパーツ「MAZDASPEED エクステリア」やラックススエード*3のシートを装備して、「1.5L+6MT」の持つ使い切る楽しさを追求しました。日常の実用性を損なう事無く、休日はストリートでのスポーツ走行が楽しめるスポーツカスタマイズモデルです。
5. マツダ「ATENZA WAGON MAZDA DESIGN CONCEPT 2014」
 「SKYACTIV-D」+「SKYACTIV-MT」(6MT)車をベースに、マツダデザイン部門が監修したオリジナルエアロパーツを装備し、品格とスポーティーさを兼ね備えたスポーツワゴン。エクステリアは、標準アルミホイールに切削加工を施しています。内装はインストルメントパネルの一部にメタルを配した独自の加飾や、ダッシュボードにステッチを入れた革巻加飾、トランクボードにまでメタルの加飾を施すことで、上質なグランドツーリングイメージを高めたモデルです。
6. マツダ「CX-5 MAZDA DESIGN CONCEPT 2014」
 「SKYACTIV-D」+「SKYACTIV-DRIVE」(6AT)車をベースに、マットブラックの外板色、オーバーフェンダーやセンター出しデュアルマフラー&リアアンダーパネル、ブレンボ社製ブレーキキャリパーを装備。「魂動デザイン」の力強さを強化し、内外装をブラック&シルバーでクールにカスタマイズした、自由自在に街を駆け抜けるストリートスペシャルです。

 

マツダオフィシャルページにおいて、展示内容を、本日(12/25)より公開。

 http://www.mazda.co.jp/carlife/event/as/autosalon2014/

 

  • *1: 日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会
  • *2: アルカンターラ®はアルカンターラ社の登録商標です。
  • *3: セーレン株式会社の登録商標です。

関連ニュース

loading...

{pubDate}

{title}