印刷ページを表示


ニュースリリース
  • ニュースリリース
  • 2014年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2013年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2012年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2011年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2010年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2009年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2008年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2007年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2006年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2005年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他

第1925号

2008年06月19日


マツダ、グローバル・ビジュアル・アイデンティティを導入

−ひと目でマツダの進化が分かる“Zoom-Zoom”なコミュニケーションをグローバルに展開−

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、ブランドを視覚的に表現するためのビジュアル・アイデンティティを導入し、順次グローバルに展開すると発表した。世界の主要市場に先駆けて、日本国内では7月8日に発売を予定している新開発の中型・トールタイプミニバン「マツダ ビアンテ」の広告から本格的に導入する予定で、これに先立ち6月20日にオフィシャルウェブサイトをリニューアルする。

 

 新たに導入したグローバル・ビジュアル・アイデンティティは、マツダブランドの個性や存在感をあらゆる場面で、お客様により強く感じて頂くことを目的に開発した。ブランドシンボル、ブランドメッセージの変更をすることなく視覚的効果を加えることによって、様々なコミュニケーションにおいてマツダブランドの今後の深化と進化の方向性を示す新たな取り組みとなっている。

 

 グローバル・ビジュアル・アイデンティティは、止まっているのに動きが感じられるような視覚的表現を狙った「ダイナミックアングル」、「マツダフォント(英文専用)」の導入、そしてブランドシンボルを際立たせる効果のある「ダイナミックウィング」の採用などを特徴としている。また、このような視覚的要素をグローバルに展開することにより、全世界で一貫したイメージを発信できる。

 

 マツダのダニエル・ティー・モリス取締役専務執行役員(マーケティング・海外販売担当)は「このグローバル・ビジュアル・アイデンティティの導入により、さらに分かりやすくダイナミックにマツダブランドの魅力をお伝えすることができると考えている。そして、より洗練された“Zoom-Zoom”を全世界のお客様に感じていただきたい」と述べた。

 

 マツダはこれまでに、1975年にコーポレート・アイデンティティ(CI)を導入し、可読性を活かしたコーポレートマークを制定するとともにコーポレート・アイデンティティ・スタンダードをグローバルに展開した。また、1997年にブランドシンボルを制定しブランド戦略を強化するとともに、2002年の初代「マツダ アテンザ」の市場導入からブランドメッセージ“Zoom-Zoom”をグローバルに展開してきた。

 

 マツダは今後も、お客様のワクワク感に応える、走る歓びと環境・安全性能が調和した「見て乗りたくなる、乗って楽しくなる、そしてまた乗りたくなる」クルマをお届けすると同時に、グローバル・ビジュアル・アイデンティティを展開することで、さらなるブランド価値の向上をめざす。

関連ニュース

loading...

{pubDate}

{title}