印刷ページを表示


ニュースリリース
  • ニュースリリース
  • 2014年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2013年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2012年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2011年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2010年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2009年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2008年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2007年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2006年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他
  • 2005年
    • 企業情報
    • 生産・販売
    • クルマ・技術
    • 株主・投資家情報
    • CSR・環境・社会活動
    • その他

(ご参考)

2007年12月14日


「マツダアテンザ マツダスピードコンセプト」を東京オートサロン2008に出品

−「デミオ」、「ロードスター」、「RX-8」、「MPV」等をベースにしたドレスアップ・カスタマイズカーも出品−

 マツダ株式会社(以下、「マツダ」)は、2008年1月11日〜13日に千葉県・幕張メッセで開催される「TOKYO AUTOSALON 2008 with NAPAC」(以下、「東京オートサロン2008」)に、来春国内市場に導入予定の新型『マツダアテンザ』をベースにした「マツダアテンザ マツダスピードコンセプト」他、計16台のドレスアップ・カスタマイズカーを出品する。

 

「マツダアテンザ マツダスピードコンセプト」(参考出品車)
「マツダアテンザ マツダスピードコンセプト」(参考出品車)

 

 「東京オートサロン2008」においてマツダは、同社の市販車種である『マツダアテンザ』、『マツダデミオ』、『マツダロードスター』等をベースにした「マツダスピードコンセプト」車や、人気のアフターパーツブランドの「KENSTYLE(ケンスタイル)」や「DAMD(ダムド)」とのコラボレーションモデル等を出品する。また、会場では期間中、好評のロータリーエンジン分解・組立デモンストレーションを昨年に続き実施する他、著名ジャーナリストと新型アテンザ開発担当者によるトークショーを予定している。

 

■マツダの「東京オートサロン2008」出品車両は以下のとおり

No. モデル名 出品区分
1 マツダアテンザ マツダスピードコンセプト 参考出品車
2 マツダスピードアクセラMSコンセプト 参考出品車
3 マツダデミオ マツダスピードコンセプト 参考出品車
4 マツダロードスター マツダスピードコンセプト 参考出品車
5 マツダRX-8 マツダスピードコンセプト 参考出品車
6 マツダデミオ“ハルイロコレクション(ブルー)” 参考出品車
7 マツダデミオ“ハルイロコレクション(ピンク)” 参考出品車
8 マツダデミオ“ハルイロコレクション(グリーン)” 参考出品車
9 マツダベリーサ“キコナシスタイル” 参考出品車
10 マツダプレマシー“クールスタイル”コンセプト 参考出品車
11 マツダCX-7“クールスタイル”コンセプト 参考出品車
12 マツダRX-8 TYPE RS 参考出品車
13 マツダアテンザDAMDコンセプト 市販予定用品架装車
14 マツダMPV KENSTYLEコンセプト 市販予定用品架装車
15 マツダMPV用品装着車 市販予定用品架装車
16 マツダロードスターNR-A 用品架装車

 

■マツダの「東京オートサロン2008」出品車両は以下のとおり

1. マツダアテンザ マツダスピードコンセプト(参考出品車。以下4台も参考出品車)
2. マツダスピードアクセラMSコンセプト
3. マツダデミオ マツダスピードコンセプト
4. マツダロードスター マツダスピードコンセプト
5. マツダRX-8マツダスピードコンセプト
「マツダスピードコンセプト」車は、優れた走行性能と日常の扱いやすさ(耐久性)を高次元で両立。ベース車の特性を最大限に活かしたメーカーならではのトータルバランスチューニングモデル。CD値を悪化させることなくCL値およびクーリング性能を改善する、マツダスピード共通の空力パーツおよび冷却ダクトを採用。パフォーマンスダンパーとオリジナルサスペンション&ダンパーによりスポーツ性と乗り心地を両立。扱いやすさと耐久性を重視したPCMチューンおよび排気パーツチューニングや、サポート性を高めつつ、長時間疲れない「3Dネットスポーツシート」の採用等により、日常の扱いやすさにも配慮している。

 

6. マツダデミオ“ハルイロコレクション(ブルー)”(参考出品車。以下2台も参考出品車)
7. マツダデミオ“ハルイロコレクション(ピンク)”
8. マツダデミオ“ハルイロコレクション(グリーン)”
春をイメージさせる華やかな3色の専用ボディカラーが目を惹くデミオ。澄み切った春の空が浮かんでくるリッチブルー、満開のサクラが待ち遠しくなるウォームピンク、春のさわやかな新緑風景が浮かんでくるスマートグリーンの3色をラインナップ。専用ボディカラーに対してシートカバー、フロアマット、クラッチバッグ、クッションを含む内装パーツを上品にコーディネートした、おしゃれな仕様。また、シートカバーには燃やしてもダイオキシンが発生しない素材を採用して環境にも配慮。

 

9. マツダベリーサ“キコナシスタイル”(参考出品車)
上質やこだわりを求める大人の女性をターゲットにしたモデル。おしゃれな幾何学模様の生地や革ベルトに個性的なファスナーは、お気に入りのバッグのように、細部や素材にこだわったセンスの良さを感じるインテリアを実現。お揃いのバッグとともに、着こなす感覚で乗ってもらう。

 

10. マツダプレマシー“クールスタイル”コンセプト(参考出品車)
“Cool Style”をコンセプトとして、高輝度なブラック系のボディカラーにワンポイントできらりと光るクロームパーツをフロントおよびリアに配置。インテリアにはレザー調のブラックを採用することにより、Coolさをより際立たせる仕様。

 

11. マツダCX-7“クールスタイル”コンセプト(参考出品車)
エクステリアには、CX-7特有のスポーティなラインをエレガントにアレンジし、クローム感が際立つ、都会的な“Cool Style”を表現。インテリアは、落ち着いた褐色を基調とした上で、ウッド、レザー、メタル感を絶妙なバランスで組み合わせている。

 

12. マツダRX-8 TYPE RS(参考出品車)
19インチ鍛造アルミホイール、ビルシュタイン社製ダンパー、発泡ウレタン充填フロントサスクロスメンバー、専用RECARO社製バケットシートなどを装備した『RX-8』のハイエンドモデル。走る楽しさ・気持ちよさの究極の姿を追求。RX-8の特長を、さらに強化することによりスポーツカーとしての進化を図った。

 

13. マツダアテンザDAMDコンセプト(市販予定用品架装車)
アテンザセダンのスタリングを更に際立たせることを狙い、エクステリアはフロントアンダースポイラー・サイドスカート・リアアンダースカートで纏め、専用インテリアとあわせて、スピード感・存在感をアピールする仕様。

 

14. マツダMPV KENSTYLEコンセプト(市販予定用品架装車)
来春発売予定の『MPV』改良モデルをベースに、「スポーティ感」および「高級感」を更にアグレッシブにしたのが、KENSTYLEコンセプト。鮮烈なオリジナルレッドカラーを基調とするエクステリアとインテリアの組み合わせにより、存在感が際立つ。

 

15. マツダMPV用品装着車(市販予定用品架装車)
来春発売予定の『MPV』改良モデルをベースに、“Luxury”かつ“Aggressive”なフォルムを一層強調する純正エアロパーツを装着。

 

16. マツダロードスターNR-A(用品装着車)
「人馬一体」の走り、そのポテンシャルに磨きを掛けて、さらなる「Fun」の世界を追求したモデル。車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパー、トルクセンシング式スーパーLSDなど、厳選アイテムを満載した同モデルパーティレースのベース車両。ロールバーセット、牽引フックなどのオプション装備に、競技用シートベルトを装備するとナンバー付き車両でのレース参加が可能である。

関連ニュース

loading...

{pubDate}

{title}