経営方針

トップメッセージ

株主・投資家の皆様をはじめ、お客様、お取引先様、地域社会の皆様など、マツダグループに関わるすべてのステークホルダーの皆様には、日頃からご理解とご支援を賜り、厚く御礼を申しあげます。

2017年3月期は、中期経営計画「構造改革ステージ2」の下、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を両立する魅力ある商品をお届けするとともに、全領域でビジネスの質的成長を目指し、ブランド価値のさらなる向上に向けて取り組んでまいりました。グローバル販売台数は前期比1.6%増の155万9千台と過去最高の販売台数を達成いたしました。連結売上高は為替相場の円高影響により、前期比1,922億円減少の3兆2,144億円となりました。営業利益は前期比1,011億円減少の1,257億円となりました。当期純利益は前期比406億円減少の938億円となりました。

2018年3月期におきましては、新型「CX-5」の海外市場への展開に加え、3列シート採用の新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-8」の新規導入などSKYACTIV商品群の拡充により、競合力強化と台数成長を目指します。生産面では前期に引き続き、クロスオーバー系車種の需要増加に対応するため、防府工場での「CX-5」の生産開始に加え、本社工場でもさらなるクロスオーバー系車種の生産能力の拡大を図ります。持続的成長に向けた次世代技術・商品の開発と生産など将来への成長投資は、予定通りに進めてまいります。

「構造改革ステージ2」の主要施策は、全領域でのビジネスの質的成長を目指し、着実に進捗しております。最終年度となる2019年3月期の経営指標(為替前提USドル108円/ユーロ118円)は、グローバル販売台数165万台、営業利益率5%以上、自己資本比率45%以上、配当性向20%以上を目標としております。引き続き各領域での主要施策を着実に実行してまいります。
株主還元についても、安定的な配当の実現と着実な向上を図ってまいります。

マツダは、燃費向上によるCO2排出量削減や事故削減に寄与する技術開発に一層注力し、環境・安全性能に優れた商品の導入等を通じ、地球環境保全や安心・安全な社会の実現といった社会的課題の解決と企業価値の向上の両立を目指してまいります。

ベース技術である内燃機関の技術進化とあわせ、グローバルで環境規制への対応や、安全なクルマ社会の実現に向け、電動化や安全技術開発を推進しています。2019年3月期以降に投入予定の次世代技術搭載車の開発は順調に進捗しています。

また、株主・投資家の皆様への適時・適切な情報開示と建設的な対話の充実を図ると同時に、持続的な成長と中長期的な企業価値向上を目指し、コーポレートガバナンス体制のさらなる充実を最重要経営課題の一つとして継続的に取り組んでまいります。

株主の皆様には、今後とも変わらぬご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

2017年6月

マツダ株式会社 代表取締役社長兼CEO 小飼 雅道