個人投資家の皆様へ

マツダの特徴について

ブランドストーリー

Zoom-Zoom、それは英語で「ブーブー!」を意味するコドモ言葉。
幼い頃に多くの人が感じる、動くものへの憧れ。私たちはそのピュアな気持ちを大事にしています。
Zoom-Zoomを生み出すマツダのチャレンジ精神などさまざまな情報を紹介しています。

デザイン

クルマに命を与えるデザイン。生命感を形にする、「魂動」。
クルマは、単なる鉄の塊ではありません。それは「命あるもの」だとマツダは考えます。
ドライバーとクルマの関係を、まるで愛馬と心を通わせるかのように、エモーショナルなものにする。
そのための造形を追い求めつづけるのが、マツダの「魂動デザイン」です。

SKYACTIV TECHNOLOGY

すべての人に「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」をお届けするため世界一の機能を最も効率的につくる。それが、「SKYACTIV TECHNOLOGY」の出発点です。そのために、マツダはクルマの基本となる技術をすべてゼロから見直しました。

安全技術

ドライバーが正しく認知・判断することをサポートする「i-ACTIVSENSE」をはじめとした先進の安全技術により、安全に安心して運転できるクルマを提供します。

技術開発長期ビジョン

マツダは、2030年を見据えた技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」を2017年8月に公表しました。これまでマツダは、2007年に発表した技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」にもとづき、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」の両立に取り組んでまいりました。そしてこのたび、世界の自動車産業を取り巻く環境の急激な変化を踏まえ、より長期的な視野に立ち、クルマの持つ魅力である「走る歓び」によって、「地球」、「社会」、「人」それぞれの課題解決を目指す新しいチャレンジ「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」を策定しました。