SKYACTIV TECHNOLOGY

SKYACTIV TECHNOLOGY

SKYACTIV TECHNOLOGY

世界一を目指した、ゼロからの革新


SKYACTIV TECHNOLOGYが生まれたわけ

SKYACTIV TECHNOLOGYが生まれたわけ

すべての人に「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」をお届けするため世界一の機能を最も効率的につくる。それが、「SKYACTIV TECHNOLOGY」の出発点。そのために、マツダはクルマの基本となる技術をすべてゼロから見直しました。アベレージのクルマではなく、世界一を目指すスピリットと、常識を覆す技術革新が、この大きなチャレンジを実現させたのです。

詳細を見る

革新的なテクノロジーが、ブレイクスルーを生んだ

エンジン

「理想の燃焼」を追求した、世界一の圧縮比「14.0」

従来の内燃機関は、燃料が持つエネルギーの30%程度しかクルマの駆動力として取り出せていません。しかし、そこに限界ではなく、さらなる可能性を見出したのが、「SKYACTIV TECHNOLOGY」のエンジン開発。ガソリン、ディーゼルともに、量産エンジンとして世界一の圧縮比「14.0」を実現。圧倒的な低燃費と「走る歓び」を高いレベルで両立しました。

世界一の高圧縮比を達成  燃費とトルクの向上により、新世代のガソリンエンジンが誕生しました

圧倒的な低燃費と快適な走りの両立を求め、量産ガソリンエンジンとして世界で初めて「14.0」という高圧縮比を実現。エンジンの効率を大幅に高め、燃費・トルクともに従来比で約15%向上させました。また、低中速トルクを増大させ、実用域での使いやすさも充実。それが、新世代高効率直噴エンジン「SKYACIV-G」です。

SKYACTIV-G

燃費向上、リニアなレスポンス、そして高いクリーン性  世界一の低圧縮比が、ディーゼルエンジンの常識を打ち破ります

ディーゼルエンジンの課題である圧縮比を根本から見直し、世界一の低圧縮比「14.0」を実現させた高効率クリーンディーゼルエンジン、「SKYACTIV-D」。従来比約20%もの燃費改善を達成するとともに、高効率ターボチャージャーによるスムーズでリニアなレスポンスと力強い加速、グローバルの排出ガス規制に対応する高クリーン性能をも生み出しています。

SKYACTIV-D
ディーゼルエンジンの魅力

トランスミッション

イメージに沿った動きを実現する理想的なトランスミッションを追求

燃費の改善だけでなく、クルマの走行性能にも大きく影響するトランスミッション。マツダは、ドライバーのイメージに沿った走りを実現する「理想の変速機」を追求し、ロックアップ領域を80%以上にまで拡大し、ダイレクト感を向上させた「SKYACTIV-DRIVE」と、ベストインクラスの軽量化と軽快でしっかりとしたシフトフィールを実現した「SKYACTIV-MT」を開発しました。

「ダイレクト感」「なめらかな変速」「低車速での燃費」を徹底的に追求した、高効率オートマチックトランスミッション

「SKYACTIV-DRIVE」が目指したのは、「燃費の良さ」「ダイレクト感」「なめらかな変速」を徹底的に追求すること。そのため、すべてのタイプのトランスミッションの利点を集約した理想のATを目指しました。また、ロックアップ領域を80%以上にまで拡大することで、マニュアル車のようなダイレクト感ある走りも生み出しています。

SKYACTIV-DRIVE

意のままに操れるシフトフィールを実現するための、軽量かつコンパクトな新世代マニュアルトランスミッション

「シフトフィールと燃費性能を高める、軽量・コンパクトMT」をコンセプトに開発された「SKYACTIV-MT」。スポーティで小気味よく、意のままに操れるシフトフィールを実現するため、機能をゼロから見直すことで、ユニット単体で最大16%も軽量化。ショートストロークと軽い操作力という二つの相反する特性を両立させ、大幅なコンパクト化に成功しました。

SKYACTIV-MT

プラットフォーム

「人馬一体」を実現するプラットフォームの軽量化

マツダが理想とするプラットフォームは、軽量ながら高い剛性と、走る・曲がる・止まるというクルマの基本性能を飛躍的に向上させた軽快な乗り心地を両立させること。ホディとシャシーを中心とするプラットフォームを約100kgも軽量化するという驚異の数字の裏には、「人馬一体」というマツダのクルマに対する理想がありました。

「走る歓び」を支える高い剛性と各国の厳しい安全基準を最高レベルでクリアする軽量ボディ

走る、曲がる、止まるというクルマの基本性能を向上させるうえで、ボディの軽量化は避けられない課題です。一方で、安心・安全な走りを守る高い剛性も必要。マツダは、基本骨格やフレームワークを根本から見直し、従来比約30%もの剛性アップと、約8%の軽量化を両立させた「SKYACTIV-BODY」を開発。また同時に、衝撃を骨格全体に分散させる構造により、高い衝突安全性を確保しました。

SKYACTIV-BODY

クルマと一体になって走る楽しさと、安心感のある乗り心地を追求した高性能軽量シャシー

マツダが目標とする「人とクルマが一体となるドライビングプレジャー」を実現するためには、中低速域の軽快感と高速域の安定性、軽快感と上質な乗り心地、軽量化と剛性の確保という相反する特性を両立させなければなりません。そのためにフロントおよびリアサスペンションを一新。さらに軽量・高剛性クロスメンバー、クイックなハンドリングをアシストする電動パワーステアリングを採用したのが、「SKYACTIV-CHASSIS」です。

SKYACTIV-CHASSIS