安全技術
SCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)
低速時の衝突被害を、ブレーキの自動制御で軽減


約4~30km/hでの低速走行中、フロントガラスに設置した、近距離を高精度で検知できる近赤外線レーザーセンサーで先行車を捉え、衝突の危険性が高いと判断すると、ブレーキを自動制御します。このとき、ドライバーがブレーキペダルを踏むと、ブレーキは即座に強い制動力を発揮。ドライバーがブレーキ操作などを行わなかった場合には、自動的にブレーキをかけて衝突回避をサポート、もしくは衝突による被害の低減を図ります。

※ SCBSは、対象物(レーダー波を反射しにくい形状の車両など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが連続する道路など)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
※ SCBSは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
* 本仕様の数値等は予告なく変更する場合があります。
その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか「取扱書」をご確認ください。

SCBSイメージ図

SCBSイメージ図

SCBS作動イメージ動画

SCBS F(スマート・シティ・ブレーキ・サポート[前進時])&
SCBS R(スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時])&AT誤発進抑制制御


SCBS F(スマート・シティ・ブレーキ・サポート[前進時])は、約4~30km/hでの低速走行中、フロントガラスに設置した、近距離を高精度で検知できる近赤外線レーザーレーダーで先行車を捉え、衝突の危険性を判断 します。衝突の危険性が高い状況下でブレーキペダルを踏むと、ブレーキは即座に強い制動力を発揮。ドライバーがブレーキ操作などを行わなかった場合には、 自動的にブレーキをかけて衝突回避をサポート、もしくは衝突による被害の低減を図ります。さらに、SCBS Fは、AT誤発進抑制制御も搭載しています。約10km/h以 下の徐行時や停車時、前方に障害物があるにも関わらず、アクセルが一定以上に踏み込まれた場合には、警報と同時にエンジン出力を抑えて急発進を抑制します。


SCBS R(スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時])は、約2~8km/h以下で後退時に、リアバンパー中央部の2つの超音波センサーで障害物を捉え、衝突の危険性を判断。自動ブレーキをかけて衝突の被害を軽減します。
さらに、SCBF Rは、AT誤発進抑制制御も搭載しています。AT誤発進抑制制御は、約10km/h以下での徐行後退や停車時、後方に障害物があるにも関わらず、アクセルが一定以上に踏み込まれた場合に、警報と同時にエンジン出力を抑えて急発進を抑制します。

*対象物(レーダー波を反射しにくい形状の車両など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが連続する道路など)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
*道路状況(急カーブ、急な坂道など)、天候状況(雨・雪・霧など)、障害物の形状(低い・小さい・細いなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
*SCBS F、SCBS R、AT誤発進抑制制御は、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
*その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。

SCBS F &SCBS R イメージ図

SCBS F &SCBS R 作動イメージ

SCBS F/AT誤発進抑制制御センサー部

SCBS F/AT誤発進抑制制御センサー部

AT誤発進抑制制御 作動イメージ

AT誤発進抑制制御 作動イメージ

SBS(スマート・ブレーキ・サポート)
中高速走行時の衝突被害を、ブレーキの自動制御で軽減


約15km/h以上で走行中、遠くまで高精度で検知できるミリ波レーダーで先行車を捕捉。メーター内の車間距離インジケーターが先行車までの距離の変化を5段階で表示する車間認知支援システム(DRSS)が、ドライバーが適切な車間距離を保てるようにサポートします。そして車間距離が基準値に達した場合は、前方衝突警報(FOW)が通常の運転操作で衝突を回避できるタイミングで警報。車間距離がさらに短くなると、軽いブレーキを作動。衝突が避けらない状況では強いブレーキでさらに減速し、衝突時の被害軽減や衝突の回避をサポートします。

※ SBSは、対象物(レーダー波を反射しにくい形状の車両など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが多い、坂の繰り返しなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
※ SBSは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
* 本仕様の数値等は予告なく変更する場合があります。

その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか「取扱書」をご確認ください。

SBSイメージ図

SBSイメージ図

SBS作動イメージ動画