安全技術

安全技術の考え方

安全についての基本的な考え方

「クルマ」「人」「道路・インフラ」の3つの領域で「事故のない安全なクルマ社会」を目指し、安全への取り組みを進めています。

「クルマ」「人」「道路・インフラ」の3つの領域で「事故のない安全なクルマ社会」を目指し、安全への取り組みを進めています。

「MAZDA PROACTIVE SAFETY」:マツダが目指す安全性能の考え方


マツダは、ドライバー・人間を理解・信頼・尊重することを重視し、以下の考えで安全技術の研究・開発を行っています。

 

安全に運転するためには、認知・判断・操作の各ステップで適切に行動することが重要です。運転する環境が変化しても、正しく認知・判断することをサポートし、安全に安心して運転していただきたいと考えています。しかし、人間は時として避けられないミスを起こします。万が一のドライバーのミスにも対応できるように、事故被害を防止・軽減することをサポートする技術を開発・提供していきます。

安全に運転するためには、認知・判断・操作の各ステップで適切に行動することが重要です。運転する環境が変化しても、正しく認知・判断することをサポートし、安全に安心して運転していただきたいと考えています。 しかし、人間は時として避けられないミスを起こします。万が一のドライバーのミスにも対応できるように、事故被害を防止・軽減することをサポートする技術を開発・提供していきます。