安全技術

クルマが衝突した際に、万一乗員の頭部などが車室内のインテリアに衝突した場合に、乗員の被害を緩和します。 エアバックが展開しない低速での側面衝突事故や斜め衝突事故の場合、乗員の頭部が車室内のピラーに二次衝突することを想定し、各ピラーやルーフサイドレールの内部に衝撃吸収構造を採用することで、衝撃を緩和します。

クルマが衝突した際に、万一乗員の頭部などが車室内のインテリアに衝突した場合に、乗員の被害を緩和します。 エアバックが展開しない低速での側面衝突事故や斜め衝突事故の場合、乗員の頭部が車室内のピラーに二次衝突することを想定し、各ピラーやルーフサイドレールの内部に衝撃吸収構造を採用することで、衝撃を緩和します。