安全技術

SKYACTIV-BODYは、「走る歓び」と「世界最高レベルの環境・安全性能」を提供するため、剛性の大幅向上、世界トップクラスの衝突安全性能、軽量化を高次元で成立させた、マツダの新世代の軽量・高剛性ボディです。基本骨格を可能な限り直線で構成する「ストレート化」と、各部の骨格を協調して機能させる「連続フレームワーク」を基本とするSKYACTIV-BODYによって、各国の厳しい安全基準を最高レベルでクリアすることを目指しました。

SKYACTIV-BODYは、「走る歓び」と「世界最高レベルの環境・安全性能」を提供するため、剛性の大幅向上、世界トップクラスの衝突安全性能、軽量化を高次元で成立させた、マツダの新世代の軽量・高剛性ボディです。 基本骨格を可能な限り直線で構成する「ストレート化」と、各部の骨格を協調して機能させる「連続フレームワーク」を基本とするSKYACTIV-BODYによって、各国の厳しい安全基準を最高レベルでクリアすることを目指しました。

前面衝突への対応

●ボディ前部の高効率マルチロードパス構造で、前方からの衝撃を多方向に分散させて吸収。
●衝突時にエンジンなどを離脱させ、エンジンルームの衝撃吸収スペースを確保。
●前席乗員の足もとやキャビン中央部などに高張力鋼板を採用し、軽量化とキャビン強度向上を両立。

側面衝突への対応

●ルーフ、センターピラー、アンダーボディを連続させた高剛性の環状構造で、側方衝突によるキャビン変形を抑制。
●ドア内部のサイドインパクトバー(フロント2本、リア1本)が側面衝突時の衝撃を効率よく分散させ、ドアのキャビンへの侵入を抑制。

後面衝突への対応

●リアフレームを高強度化、ストレート化し、優れたアンダーボディの耐衝撃性を実現。
●燃料タンクを保護する構造により、燃料漏れや車両火災の発生を抑制。