安全技術

衝撃吸収ボンネット&バンパー

万一の衝突の際、歩行者の傷害を軽減するため、さまざまな工夫を行っています。
衝撃吸収ボンネットは、歩行者の頭部がボンネットに衝突した場合の衝撃を緩和し、傷害を軽減するため、ボンネットの下にエネルギー吸収スペースを確保するとともに、ボンネットのヒンジをはじめとしてさまざまな部位にエネルギー吸収構造を採用しています。

アクティブボンネットは、一定速度の範囲内で走行中に一定以上の衝撃を感知すると、ボンネット後部が瞬時にポップアップしてエンジンとの間にスペースを作り、歩行者の頭部への衝撃緩和を図るよう設計されています。

歩行者の脚部への傷害軽減策としては、車両前部の歩行者の膝に当たる部分にエネルギー吸収材を用いています。また、バンパー下端部にスティフィナーという補強部材を設定し、衝突時に歩行者の足が車両の下に潜り込んでしまうのを抑制し、万一の事故の際に、人間の歩行機能として非常に重要な膝へのダメージ軽減に配慮した形状にしています。

作動イメージ
作動イメージ