安全技術

i-ACTIVSENSE

あなたの走りをサポートする安全技術

i-ACTIVSENSEは、ミリ波レーダーやカメラなどの検知デバイスを用いたマツダの先進安全技術の総称です。事故が避けづらい状況での衝突回避・被害軽減を図るプリクラッシュセーフティ技術に加え、認知支援を行いドライバーの安全運転をサポートするアクティブセーフティ技術で構成されています。

i-ACTIVSENSEは、ミリ波レーダーやカメラなどの検知デバイスを用いたマツダの先進安全技術の総称です。事故が避けづらい状況での衝突回避・被害軽減を図るプリクラッシュセーフティ技術に加え、認知支援を行いドライバーの安全運転をサポートするアクティブセーフティ技術で構成されています。

「i-ACTIVSENSE」の技術ラインナップ


アクティブセーフティ技術(事故を未然に防止する)

AFS(※)
AFS(※) 
ドライバーが進みたい方向にヘッドランプのロービームを照射する技術です。

HBC(※)
HBC(※) 
ヘッドランプのハイビーム・ロービームを自動で切り替える夜間走行中のドライバー認知支援機能です。

先行車との速度差や車間距離を認識し、自動で速度をコントロールする技術です。
MRCC(※)
先行車との速度差や車間距離を認識し、自動で速度をコントロールする技術です。

高速走行時の後側方接近車両を精度高く検出し、ドライバーへの注意を促す技術です。
RVM(※)
高速走行時の後側方接近車両を精度高く検出し、ドライバーへの注意を促す技術です。

道路上の車線を感知し、車両が車線を逸脱することを予測してドライバーに警告する技術です。
LDWS(※)
道路上の車線を感知し、車両が車線を逸脱することを予測してドライバーに警告する技術です。

衝突の危険時に警報を鳴らし、ドライバーの危険回避をサポートする技術です。
FOW(※)
衝突の危険時に警報を鳴らし、ドライバーの危険回避をサポートする技術です。

プリクラッシュセーフティ技術(事故のリスクを軽減)

ブレーキの自動制御で衝突被害を軽減する技術です。
SCBS&SBS(※)
ブレーキの自動制御で衝突被害を軽減する技術です。

アクセルペダルの踏み間違いによる急発進を抑制してくれる技術です。
AT誤発進制御(※)
アクセルペダルの踏み間違いによる急発進を抑制してくれる技術です。

※ AFS、HBC、MRCC、RVM、LDWS、SCBS、AT誤発進制御、SBSは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。

その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか「取扱書」をご確認ください。