安全技術

BSM(ブラインドスポットモニタリング)

車線変更の際、ドアミラーに映っていない斜め後方のクルマの存在に気が付かず、ヒヤリとすることがあります。
BSMは、約15km/h以上での走行時、リアバンパーの内側に設置したレーダーで隣車線上の側方および後方から接近する車両を検知すると、検知した側のドアミラーの鏡面に備えたインジケーターの点灯でドライバーに通知します。さらに、その状態でウインカーを操作するとインジケーターの点滅と警報音で警告し、車線変更の中断を促します。

 

* 天候状況(雨・雪など)、接近車両の状況(自車に接近してこない、速度差がなく長時間並走しているなど)、道路状況(道路幅が極端に広い・狭いなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
* BSMは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
* 周囲に光源があるとき(街灯・信号機など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが多い・起伏が激しいなど)などの条件によっては適切に作動し ない場合があります。システムを過信せず、常に周囲の状況に注意して、必要に応じて上向き(ハイビーム)と下向き(ロービーム)を切り替えるなど安全運転 に心掛けてください。
●その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。

作動イメージ

作動イメージ

 

RCTA(リア・クロス・トラフィック・アラート)


バックで出庫する際に、左右から接近する車の存在に気が付かず、慌ててブレーキをかけることがあります。
RCTA(リア・クロス・トラフィック・アラート)は、BSMのシステムを活用し、バックで出庫する際に左右から接近する車両を検知して警告し、安全確認をサポートします。

*車両後退時には、接近する車両を検知するとドアミラーの鏡面に備えたインジケーターの点滅と警報音で警告します。
*ショップオプションのパーキングセンサーは、近距離にある静止物を検知し、警報音で警告するシステムであり、RCTAとは機能が異なります。

作動イメージ

作動イメージ

作動イメージ動画