安全技術

アクティブセーフティ技術 (事故を未然に防止する)

ドライバーの危険回避や危険予知をサポートし、事故の未然防止をサポートします。

安全と快適性の両立

AFS(※)

AFS
カーブなどで進行方向にヘッドランプの向きを変え、視界を確保する機能です。

HBC(※)

HBC
ヘッドランプのハイビーム・ロービームを自動で切り替える機能です。

ALH

ALH
ハイビーム走行中も、対向車が眩しくないように、部分的に減光する技術です。

DAA
DAA
運転者の疲労を検知し、運転者に報せる機能です。

LAS
LAS
車線逸脱回避など、運転者のステアリング操作をアシストするシステムです。

BSM
BSM
車線変更時に斜め後方死角のクルマの存在を検知し、警告するシステムです。

i-ACTIV AWD
i-ACTIV AWD
電子制御で駆動力を積極的にコントロールすることで、走破性能と燃費効率を両立させる最新の4WDです。

HLA
HLA
坂道発進時に、不用意に後退してしまうのを防ぐ機能です。

MRCC(※)
MRCC
先行車との速度差、距離を認識し、自動で速度を制御する技術です。

危険認知

RVM(※)
RVM
斜め後方から接近してくる車両を検知する技術です。

LDWS(※)
LDWS
車線を逸脱しそうなときに、運転者に警告するシステムです。

ESS
ESS
急制動時にハザードランプを急速に点滅させ、後続車に報せるシステムです。


FOW
先行車や障害物との距離を計算し、ドライバーに衝突の危険性を報せるシステムです。

危険回避

ブレーキアシスト&EBD
ブレーキアシスト&EBD
ブレーキを踏む力が不十分と判断した場合、ブレーキを踏む力を補助するなど停止距離を短くすることを目的としています。

4W-ABS
4W-ABS
制動時にタイヤがロックしないよう、4輪それぞれのブレーキを最適にコントロールするシステムです。

DSC/TCS
DSC/TCS
走行中の車両の横滑りを検知し、走行姿勢を制御するシステムです。

アクティブセーフティ技術は、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか「取扱書」をご確認ください。