環境技術

環境技術の考え方

技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」

マツダは、2030年を見据えた技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」を2017年8月に公表しました。

これまでマツダは、2007年に発表した技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」にもとづき、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」の両立に取り組んでまいりました。そしてこのたび、世界の自動車産業を取り巻く環境の急激な変化を踏まえ、より長期的な視野に立ち、クルマの持つ魅力である「走る歓び」によって、「地球」、「社会」、「人」それぞれの課題解決を目指す新しいチャレンジ「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」を策定しました。

 

サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030

 

 

 

地球環境を取り巻く課題に対しては、真に温室効果ガスの削減を図るため、クルマのライフサイクル全体でのCO2削減に取り組む必要があります。

すなわち、いままでの走行段階のCO2評価のTank-to-Wheelだけでなく、エネルギーの採掘、製造、輸送段階のCO2評価も組み入れたWell-to-Wheel視点でのCO2削減が重要と考えます。

 

 

具体的な目標として、Well-to-Wheelでの企業平均CO2排出量を、2050年までに2010年比90%削減することを視野に、2030年までに50%削減を目標とします。

この実現に向けては、各地域における自動車のパワーソースの適性、エネルギー事情や電力の発電構成を踏まえ、適材適所の対応が可能なマルチソリューションが必要と考えています。

 

私たちマツダは、地球を守るため、実用環境下での温室効果ガス削減の効果を最大化することを目指し、以下の項目について継続して研究・開発を進めてまいります。

 

  • ■ 内燃機関の徹底的な理想追求 
  • ■ 理想追求した内燃機関に“効率的な電動化技術”を組み合わせる
  • ■ クリーン発電地域、および、政策(大気汚染抑制など)のある地域へ、
  •       EVなどの電気駆動技術を展開