環境技術

環境技術

環境技術の考え方

環境技術の考え方

マツダでは、クルマも、人も、地球も、みんながワクワクし続けられる、サステイナブルな未来の実現に向けて、日々環境技術の研究開発を行っています。効率的にグローバルでのCO2排出量を削減していくための、マツダ独自の考え方についてご紹介します。

詳細を見る 

SKYACTIV TECHNOLOGY

「SKYACTIV TECHNOLOGY (スカイアクティブ テクノロジー)」は、マツダの技術開発の長期ビジョンである「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」に基づいて、「走る歓び」と「優れた環境・安全 性能」の高次元での調和をイメージした、革新的な新世代技術の総称です。 
詳細を見る

SKYACTIV TECHNOLOGY

アイドリングストップ技術

アイドリングストップ技術

アイドリングストップシステムとはドライバーが車を停止させると自動的にエンジンを切り、発進時にはエンジンを再始動させることによって燃料を節約するシステムです。 

詳細を見る

減速エネルギー回生システム

減速エネルギー回生システムは、走行中の自動車が減速時に捨てていた運動エネルギーの一部を電気として回収(発電)し、再利用できるように蓄電するシステムです。

詳細を見る

減速エネルギー回生システム

ハイブリッドシステム

ハイブリッドシステム

マツダが常に追求し続けている「走る歓び」。もちろん、それはハイブリッド車でも変わることはありません。走りと環境性能を高い次元で両立させた、マツダならではのまったく新しいハイブリッド車を造り上げました。

詳細を見る

電気自動車

「すべてのお客様に“走る歓び”と“優れた環境・安全性能”をお届けする」ことを目指し、電気自動車(EV)を開発しました。それが、マツダらしい軽快な走りの楽しさと、EVとして十分な航続距離を高いレベルで両立したデミオEVです。

詳細を見る

電気自動車

水素自動車

水素自動車

水素ロータリーエンジンは、マツダ独自のロータリーエンジンをベースに、燃料に水素を使えるようにすることで、CO2排出量ゼロの優れた環境性能を持たせた独自のエンジンです。水素使用に伴うエンジンの変更がわずかなため、比較的低コストで水素エネルギー車を実現できます。

詳細を見る

自動車リサイクルの推進

マツダは、自動車の樹脂部品のリサイクルに積極的に取り組んでいます。とりわけ大型の樹脂部品であるバンパーのリサイクルに注力し、損傷バンパーはもちろん、廃車バンパーまで再びバンパーの素材として利用する「パンパーtoバンパーリサイクル」技術を実用化しています。

詳細を見る

自動車リサイクルの推進

バイオエンジニアリングプラスチック

バイオエンジニアリングプラスチック

バイオエンジニアリングプラスチックは、環境負荷を低減することに成功。塗装が施された部品を超える質感を材料着色で実現するなど、高い意匠性を持つ自動車部品としても使用できる環境にやさしいプラスチックです。

詳細を見る

その他の技術

貴金属を触媒材料に埋め込んだ独自の新触媒構造「貴金属シングルナノ触媒技術」や、VOC(揮発性有機化合物)排出量を世界最高水準まで抑制した、最も環境負荷の少ない塗装技術「アクアテック塗装」についてご紹介します。

詳細を見る