What's Your Challenge?

What's Your Challenge?

サーキットに行ってみたい



愛車と、仲間と、恋人と、家族と
非日常の体験をサーキットで

初めてサーキットに行かれる方や、同伴者も楽しめるサーキットイベントをご紹介。
サーキットはレース参加・観戦だけでなく、幅広い方にお楽しみいただけます。

MAZDA FAN TOHOKU MEETING 2018 in SUGO

2018年4月14日(土)・ 15日(日)スポーツランドSUGO

 

今年4回目の開催を迎えたMAZDA FAN TOHOKU MEETINGにご来場いただき誠にありがとうございました。

今回は、春の嵐に見舞われ一部体験コンテンツが中止になりましたが、無事に開催することができ、
多くのマツダファンに春の祭典を楽しんでいただくことができました。
当日のモータースポーツイベントやマツダ体験コンテンツ等の模様をお届けします。

主催:株式会社菅生 主管:B-Sports(株式会社ビースポーツ) 大会特別協賛:マツダ株式会社

コンテンツの紹介(一部)

 

マツダ CX-8アクティブスタイル展示

マリンジェット/トレーラーやモトクロスバイク/トレーラーのトーイング(牽引)展示など、アクティブライフの広がりをご提案。

モノ造り展示&体験

魂動デザインを具現化する金型造り、塗装技術などのマツダのモノ造りをスタッフが紹介。また、金型磨きやプレス加工を体験してもらいました

CXシリーズお好み焼き&芋煮会ミーティング

広島の「お好み焼き」と宮城の「芋煮」を食べながらCXシリーズオーナーの皆様とマツダ開発担当者による懇談会を初開催しました

人馬一体試乗

Gの変化が判断できる「Gボウル」を載せた新旧デミオの比較試乗を通して人馬一体となった滑らかな走りとマツダ車の進化を体感してもらいました

マツダ 787B & マツダ 767B デモラン

今年はここ菅生でも マツダ787Bとマツダ 767Bのランデブー走行が披露され、来場者に4ローターのロータリーサウンドを堪能いただきました

Global MX-5 Cup JAPAN 第1戦 他

2018年シリーズの開幕戦では白熱したバトルが繰り広げられました。また、ロードスターパーティレースやマツ耐等の競技レースも開催されました

当日のイベントの様子をマツダ公式ブログで詳細にご紹介しています。

Zoom-Zoom Blogはこちらから

MAZDA FAN TOHOKU MEETING 2018 in SUGO 公式サイト(主管:B-Sports)ボタンイメージ

 

 

MAZDA FAN FESTA 2017 in OKAYAMA

2017年12月2日(土)・ 3日(日)岡山国際サーキット

 

今年も「MAZDA FAN FESTA 2017 in OKAYAMA」にお越しいただきありがとうございました。

 

開催日2日ともに晴天に恵まれ、過去最高の約6,800名のお客様にご来場いただき、

多くのマツダファンの方々にマツダがお届けしたい「走る歓び」を体験いただきました。

当日のモータースポーツイベントやマツダ体験コンテンツ等の模様をお届けします。

 

主催:株式会社岡山国際サーキット、アイダクラブ(AC)主管:B-Sports(株式会社ビースポーツ)大会特別協賛:マツダ株式会社

コンテンツの紹介


1991年ル・マン24時間レース優勝車のマツダ 787B 55号車、1989年総合9位で完走したマツダ 767B 202号車がランデブー走行を披露しました

グローバルMX-5 カップで今年世界チャンピオンとなったギャラガー選手や国内有力選手が迫力の模擬レース走行を披露しました


マツダファン・エンデュランス(マツ耐)には68台が参加。マツダファン・サーキットトライアルには、90台が参加し盛り上がりました


「飽くなき挑戦の歴史」では、RE分解組立の説明や世界初のロータリーエンジン市販乗用車のNSUスパイダーの展示やデモ走行を行いました


人馬一体の走りが求められるタイムトライアルゲーム「人馬一体チャレンジ」では、多くの参加者が優秀な結果をおさめ楽しんでいただきました


子供に大人気の「キッズ整備体験」や「キーホルダー磨き」や「ペーパーウエイト制作」など、ご家族連れに人気の体験コンテンツも用意しました

当日のイベントの様子をマツダ公式ブログで詳細にご紹介しています。

Zoom-Zoom Blogはこちらから

MAZDA FAN FESTA 2017 in OKAYAMA 公式サイト(主管:B-Sports)ボタンイメージ

サーキットイベントムービー



WHAT'S YOUR CHALLENGE?

マツダは“走る歓び”を体感できるクルマと共に、体感いただく場も届けたいと考え幅広いレベルのステージをサポートしています。
あなたはどのチャレンジからはじめますか?