マツダ ロードスター(MX-5)が「2016 ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」と「2016 ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」をダブル受賞

    

新型「マツダ ロードスター(海外名:Mazda MX-5)」が、ワールド・カー・アワーズ(WCA)主催の2016年「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)」と「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー(WCDOTY)」を受賞しました。

1車種によるWCOTY、WCDOTYのダブル受賞は賞創設以来初、WCDOTYは日本車として初の受賞です。

 

マツダ車がWCOTYを受賞するのは2008年の「デミオ(海外名:Mazda2)」以来2度目で、2006年と2014年には、「マツダ ロードスター(3代目)」と「マツダ アクセラ(海外名:Mazda3)」が、それぞれ最終候補3車種に選出されています。

MX-5WCOTY2016_Ceremony

(写真 マツダ ロードスター と WCOTY表彰式の様子)

 

WCOTYは、2004年に世界各国の自動車ジャーナリストによって創立された自動車賞で、世界23カ国、73名の自動車ジャーナリストの投票により選ばれます。

2016年のWCOTYでは、「マツダ ロードスター」は、「アウディA4セダン/アウディA4アバント」、「メルセデス・ベンツGLC」と共に、最終候補の3車種に選ばれ、ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、現地時間3月24日に最終結果が発表されました。

また、優れたデザインを持つ車を表彰する特別賞WCDOTYにおいても、「ジャガーXE」、「マツダ CX-3」とともにファイナリスト3車種に選ばれていました。

WCOTY2016_Logo
 

このように素晴らしい評価をいただくことができたのも、ファンのみなさまのおかげです。
私たちの挑戦を支えてくださるファンのみなさまへの感謝を胸に、これからもマツダは「走る歓び」にあふれるクルマを作り続けます。