マツダ CX-5が「2018 ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」のトップ3ファイナリストに選出

2018年3月6日、ワールド・カー・アワーズ主催の「2018 ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」のトップ3ファイナリストに、マツダ CX-5が選出されました。

Mazda CX-5

(写真:マツダ CX-5)

 

<ファイナリスト>

2018 ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー

    •  マツダ CX-5
  •  Range Rover Velar
  •  Volvo XC60
  •  ※アルファベット順

 

 

「2018 ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」は、2017年に世界中で発売された新型車の中で、優れた1台に授与されるものです。選考は世界24カ国の自動車ジャーナリストによって行われ、最終結果は3月28日(現地時間)にニューヨーク国際自動車ショー(アメリカ)にて発表されます。

2016年には、Mazda MX-5(日本名:マツダ ロードスター)が「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」と「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」をダブル受賞しています。

 

 2016_WCOTY Mazda MX-5

 (写真: 2016 ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー)

 

このように素晴らしい評価をいただくことができたのも、ファンのみなさまのおかげです。
私たちの挑戦を支えてくださるファンのみなさまへの感謝を胸に、マツダは、将来においても「地球」、「社会」、「人」とクルマが共存する世界の実現を目指し、「走る歓び」にあふれたカーライフを通じて、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。