CSR

第24回みよし商工フェスティバルへの参加

マツダは第24回みよし商工フェスティバルへ参加。イベント会場を起点としたマツダ三次テストコース見学バスツアーを実施しました。

広島県北部の秋の大イベントとしてすっかり定着したみよし商工フェスティバル。マツダは第1回から参加しており、マツダ車販売会社や三次郷心会と合同でマツダブースを出展しています。

日 時:2016年10月22日(土)・23日(日)
場 所:広島県立みよし公園(カルチャーセンター)
主 催:みよし商工フェスティバル振興会(事務局:三次商工会議所)

マツダブースのアトラクションの1つとして「マツダ三次テストコース見学バスツアー」を初めて開催しました。
これは、地域の皆さまからの「人馬一体の走りを実現したマツダ車は、いったいどのようなテストコースで開発されているのだろう」「マツダ車の秘密に触れるべくぜひテストコースを見てみたい」などの多くの声にお応えしたものです。
みよし商工フェスティバルの会場である広島県立みよし公園を出発点として無料バスツアーを実施。2日間で600名を超えるお客さまにテストコース見学を楽しんでいただきました。見学ルートのうち「高速周回路」では、バスを停めて最大斜度45度のバンクをご自身の足で歩いて体験していただきました。

第24回みよし商工フェスティバルへの参加

参加された方からは、「とにかく感動しました」「高速周回路を歩いたことが一番の思い出に残った」などの声がたくさん寄せられました。
このバスツアーは、来年度もみよし商工フェスティバルの開催に合わせて実施することを検討中です。

ご参加いただいた皆さまに心よりお礼を申しあげます。
マツダは今後も、地域のイベントへ積極的に参加し、地域社会の一員としてグループ一体となって地域の活性化に協力してまいります。