CSR

広島県と山口県で森林保全活動を実施

マツダは、環境の取り組みの一環として、森林保全活動を実施しています。

第10回「マツダの森」森林保全活動(労使協働)*1
日 時:2016年6月18日(土) 9:30-14:00
場 所:広島県緑化センター内「マツダの森」

マツダグループ従業員やOBとその家族・友人、地域の社会貢献活動研究会メンバー2、森林保全ボランティア団体*3皆さまが参加しました(総勢81名;過去最多)。

第10回「マツダの森」森林保全活動(労使協働)

2011年から取り組んでいる、この活動。今回は、10回目*4を迎えたことを記念して、始めにマツダ株式会社およびマツダ労働組合から広島県に、植樹する苗の目録を贈呈しました*5
続いて、恒例のミニレクチャー、除伐作業*6、小学生対象プログラムを実施しました。
当日の詳しい様子は、マツダ公式ブログMAZDA ZOOM ZOOM BLOGをご覧ください。

【マツダ公式ブログMAZDA ZOOM ZOOM BLOG】

http://blog.mazda.com/archive/20160728_01.html

参加者の感想
-社会貢献しながらリフレッシュできるので、周囲の人に参加をすすめたい
-ミニレクチャー「森のはたらき!」の話は非常に勉強になった。周囲の人にも紹介したしたくなる内容だった
-真砂土と森の土との水分吸水の実験は驚いた。保水力の違いを知ることで森の大切さがわかった
-間伐の重要性(CO2吸収力の回復)を教えてもらうことができよかった
-木がたくさん生えていれば良いのではなく、成長している木が必要。人が手入れをすることで、森が活性化することが分かった
-親子3世代で参加。みんな楽しめたので、ぜひ、また参加したい
-木を切ると、良い事がある事を知った
-木を切るのは難しかったけど、たくさん切ることができて楽しかった
-子どもたちが植物観察をしている姿が真剣で楽しそうだった

*1 社会貢献・地域交流を通じて、従業員の環境保全意識の高揚を図るとともに、森林保全ボランティアに参加されている地域の方々との交流を図ることを目指しています。
*2企業等社会貢献活動研究会。市民・企業・行政による協働のまちづくりを進めるために、社会貢献活動に関する情報交換や活動促進・協働を図る場として1997年設置。広島市内とその近郊に本社又は支社・支店を置き社会貢献活動に取り組む企業・団体が参加(16社9団体)。定期的な情報交換や活動紹介などを通じて社会貢献活動の促進を図っています。
*3森林保全ボランティア団体「ふれあい湧(ワーク)」や広島県緑化センターなどで活動されている森林保全ボランティア。
*4全10回のうち、第3回「マツダの森」森林保全活動は天候不良のため中止しました。
*5当日は目録のみ贈呈。2016年12月~2017年3月の適切な時期に改めて植樹を実施予定。
*6森林には、水源のかん養機能・土砂流出防止・CO2吸収などの役割があり、森や林の維持・育成のため除伐作業は重要。
 【ひろしまの森づくりネット~モーリーの森~】「森の働きは」
 http://www.moridukuri.net/contents/hp0002/index.php?CNo=2&No=2

(ご参考)
■「マツダの森」を通じて地域の森林保全活動に協力 (ニュースリリース)
http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2010/201009/100902a.html

 

佐波川流域大平山ふれあいの森づくり」
日 時:2016年6月18日(土) 10:00-14:00
場 所:防府市大平山山麓
主 催:防府市産業振興部

防府工場従業員が、下刈りボランティアとして参加しました(マツダ7名、総勢32企業/団体、174名)。
防府市が実施する「佐波川流域大平山ふれあいの森づくり」の趣旨に賛同し、2013年から防府工場従業員がボランティアとして、下刈りや植樹などの活動に参加しています。

佐波川流域大平山ふれあいの森づくり」

今回は、以前植樹したクヌギ、桜やもみじの苗木のエリアの草刈りを実施。腰の高さまで覆われたカヤ等の雑草を、参加者全員カマを片手に一列に並び、一斉に作業を行いました。作業を行いながら、苗木の姿を見つけては、その成長ぶりに歓声が上がっていました。
今回新たに、参加企業各社の環境への取り組みを紹介する場が設けられ、マツダは、クリーンディーゼルエンジンの特徴について、Business Continuity Plan(事業継続計画)の視点で、燃料である軽油の有用性や燃費の良さについて紹介しました。参加各社、環境取り組みの企業努力について理解を深めることができ有意義な機会となりました。

作業後は、地元の棚田で作ったお米を釜で炊いて、地元のジャガイモや玉ねぎを使った「地産地消カレーライス」を参加者全員でコミュニケーションを図りながらおいしくいただきました。

 参加者の感想
-とても充実した一日だった
-天気も良くいい汗をかいた
-森づくりでは定期的な管理が必要だなと感じました
-参加者同士で連携が取れスムーズに作業を終えました