CSR

2016ひろしまフラワーフェスティバルへの参加

マツダは今年も、ゴールデンウィークの53日から5日に開催された広島最大級のイベント2016ひろしまフラワーフェスティバルに参加しました。

広島市中心部の平和大通りにおいて「マツダZoom-Zoomひろば」を展開し、さまざまな催しで来場者の皆さまをお迎えしました。マツダは、1977年の第1回から毎年参加しており、今年で40回目となりました。

「マツダZoom-Zoomひろば」

日 時:2016年5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)11:00~18:00
場 所:広島市中区小町(並木通り入口交差点近く)

「マツダZoom-Zoomひろば」

■たくさんの親子連れでにぎわったマツダZoom-Zoomひろば

ものづくりコーナーでは、お子さまを対象として新型「マツダ ロードスター」のオリジナルエコバッグづくりにチャレンジしていただきました。思い思いの色が塗られた世界に一つだけのエコバッグ。ものづくりの楽しさを体験していただきました。

たくさんの親子連れでにぎわったマツダZoom-Zoomひろば

■チャリティービンゴ大会

毎年恒例のチャリティービンゴ大会は、カード販売開始時間の問い合わせを受けるほど人気のあるプログラムの一つ。皆さまにご協力いただき、実施した4回ともすべてビンゴカードが完売となりました。カープやサンフレッチェの選手のサイン入りグッズや、マツダのオリジナルグッズなど、さまざまな品物を景品としてお渡ししました。収益金は、福祉機器の寄贈を始めとするマツダの地域貢献活動の資金として活用します。

チャリティビンゴ大会

■新型「マツダ ロードスター」と「マツダ R360クーペ」を展示

株式会社広島マツダと株式会社アンフィニ広島の協力により、2台の新型「マツダ ロードスター」を展示し、ご来場のお客さまに間近でご覧いただきました。新型「マツダ ロードスター」は、「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)- Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品の第6弾で、大幅な軽量化や人が主役のデザイン、人馬一体の運転する楽しさなどについてお客さまより大変好評をいただいています。また、2020年の創立100周年に向け、マツダの歴史を彩った名車の展示コーナーを設置。日本のモータリゼーションの進展に大きな役割を果たしたマツダ初の乗用車となる「マツダR360クーペ」を展示しました。

新型「マツダ ロードスター」と「マツダ R360クーペ」を展示

■広島東洋カープやサンフレッチェ広島などのグッズショップ

ひろば内に設置したグッズ販売コーナーは多くの来場者でにぎわいました。特に今年は、例年のグッズショップ(広島東洋カープ、サンフレッチェ広島、マツダ)に加えて、メキシコ特産品の販売ショップを設置。マツダの工場があるメキシコから駆け付けたスタッフが、食文化などを紹介しました。

広島東洋カープやサンフレッチェ広島などのグッズショップ

■多彩なプログラムを展開し、皆さまに楽しんでいただいたコスモスステージ

カープやサンフレッチェの選手によるトークショー、メキシコを代表する音楽のマリアッチ演奏、マジシャンや大道芸人によるパフォーマンスなどでステージは大いに盛り上がりました。

多彩なプログラムを展開し、皆さまに楽しんでいただいたコスモスステージ

多彩なプログラムを展開し、皆さまに楽しんでいただいたコスモスステージ

多彩なプログラムを展開し、皆さまに楽しんでいただいたコスモスステージ

マツダ本社のある府中町や広島市南区にお住まいの皆さまによるステージは、ご家族やご友人による声援で会場が一体感に包まれました。

多彩なプログラムを展開し、皆さまに楽しんでいただいたコスモスステージ

マツダ従業員による「Zoom-Zoomエンターテイメント」 

多彩なプログラムを展開し、皆さまに楽しんでいただいたコスモスステージ

「花の総合パレード」

日 時:2016年5月3日(火・祝)
場 所:平和大通り

あいにくの雨の中でしたが、花の総合パレードは、全部で90団体が参画。環境啓発を目的とした広島市環境局主催のパレードに、マツダは「マツダ CX-3」と「マツダ アテンザ」で参加しました。
また、ロードスターファンクラブの皆さまによる、ロードスターパレードが実施されました。花をあしらった約30台のロードスターの先頭にロードスター累計生産100万台達成記念車*2が走り、沿道からは歓声が上がりました。

当日の様子は、マツダ公式Zoom-Zoom ブログで詳しくご紹介
http://blog.mazda.com/archive/20160510_01.html

「花の総合パレード」

*1 2014年、広島県とメキシコ合衆国グアナファト州は友好提携を締結。さらなる友好関係の発展を目的に、2015年8月には広島グアナファト親善協会が設立されました。また、同州には2014年に生産を開始したマツダの工場があります。今回のフラワーフェスティバルでは、両県・州の絆が強く結ばれることを願ってマリアッチの演奏が行われました。
*2 「マツダ ロードスター」が累計生産100万台を達成
http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2016/201604/160425a.html

 

ご参加いただいた皆さまに心よりお礼を申しあげます。
マツダは今後も、ひろしまフラワーフェスティバルを始めとした地域のイベントへ積極的に参加し、地域社会の一員としてグループ一体となって地域の活性化に協力してまいります。