CSR

取り組み基本方針

基本理念

グローバルにビジネスを展開しているマツダは、企業活動を通じて、持続可能な社会の実現に寄与するために、それぞれの地域のニーズに即した取り組みを継続的に行い、良き企業市民としての責任を果たしていきます。

 

活動方針

  • 国内・海外のマツダグループの本業を通して社会的課題に積極的・継続的に取り組む。
  • 地域と協働し、それぞれの地域ニーズに即した活動を行い持続可能な社会の発展に貢献する。
  • 従業員の自発的ボランティア活動を重視・支援する。多様な価値観を取り入れることで、柔軟性のあるイキイキとした企業風土の醸成を目指す。
  • 活動内容を積極的に開示し、社会との対話に努める。

 

3つの柱

「環境・安全」「人材育成」「地域貢献」の3つを社会貢献活動の柱とし、地域に根ざした活動を推進していきます。

a 社会貢献 取り組み基本方針3つの柱

 

3つの柱に基づいた取り組み

環境・安全

マツダのビジネスは地球温暖化やエネルギー・資源不足、交通事故などの社会的課題に関係/影響があります。これらの課題に対応するため、本業のみならず社会貢献活動においても「環境」「安全」の視点を大切にしています。

  • 各種イベントでの環境啓発、環境教育のための講師派遣、生物多様性保全を含む各種環境保全ボランティア活動など
  • イベントにおける交通安全に関する講演、安全運転講習の実施など
人材育成

人は社会や企業活動の要であり、次世代を担うとの考えの下、社会貢献活動においても「人材育成」の視点を大切にしています。

  • モノづくりなどの専門知識や技能を生かした講義・講演
  • インターンシップの受け入れ、敷地内の施設を活用した自動車に関する学習支援など
地域貢献

ビジネスを展開している国・地域において、各地域社会が抱える固有の課題に対応するため「地域貢献」の活動を推進しています。

  • 慈善団体への寄付や車両の寄贈、慈善活動への参加
  • スポーツ・文化の振興など

 

推進体制

2010年5月に「社会貢献委員会」を設置し、定期的に(年2回)開催する委員会では、CSR経営戦略委員会で決定した社会貢献に関する方針やCSR目標などに基づき、マツダグループ全体の課題を討議し情報を共有化しています。関連部門で構成するワーキンググループでは、具体的な活動内容を検討します。2010年からの委員会活動を通じて、グローバルおよびグループ視点での情報収集・活用を継続的に強化しています。個々の活動の実施にあたっては、各拠点・各部門がそれぞれ予算化し対応しています

※ 日本、米国、オーストラリア、ニュージーランドでは、別途マツダ財団を通じての活動を実施。

b 推進体制図

 

社会貢献プログラム影響評価指標

社会の課題を解決するとともに、企業価値の向上に貢献するプログラムを評価・促進するため、2014年度より社会貢献プログラム影響評価指標を設定し、PDCAプロセスを構築しました。指標は「社会への影響」「会社への影響」「マツダらしさ」の3つの視点で設定し、評価しています(具体的には、「受益者の数」「従業員の参加数」「社会貢献3つの柱との整合」などの8項目で構成)。

 

従業員のボランティア活動支援

従業員がボランティア活動に積極的に取り組めるよう、支援を行っています。

  • 活動する機会の提供(スペシャリストバンク、ボランティアセンターなど)
  • 活動する費用の一部補助(マツダ・フレックスベネフィットなど)
  • 活動に伴う休暇の支援(ハートフル休暇制度に含まれるボランティア休暇など)
  • ボランティア研修受講機会の提供