CSR

マツダの幅広いネットワークを生かし、マツダモーターヨーロッパGmbH(MME)と欧州各国の販売統括会社は、“ONE MAZDA”の精神に基づき広範囲で、かつ地域に根ざした活動を行っています。モビリティの向上を含め、子どもたちの幸せづくりのための支援に注力しています。

MMEの社会貢献活動推進者

PRコーポレートコミュニケーション部門
コーディネーター
ナディン・フェーリング

【環境】環境保全に貢献する取り組み 【安全】交通安全に貢献する取り組み
【人材】次世代を担う「人」を育成する取り組み 【地域】地域に根ざした取り組み
【財団】マツダ財団を通じての活動

SOSチルドレンズ・ヴィレッジと協働(欧州全体)

【人材】【地域】

目的

欧州各国で家族と生活できない子どもを保護する活動を支援する。

取り組み

MMEと多くの欧州販売統括会社は、それぞれの国のSOSチルドレンズ・ヴィレッジ(SCV)と協働で支援活動を展開しています。SCVは、親や養育者と共に生活できない子どもを支援している国際的な団体です。各販売統括会社では、従業員から募った1名の「大使」(プロジェクト担当者)が中心となって活動を推進しています。マツダならではのユニークな活動として、MMEと各販売統括会社は共同で移動用のクルマ提供や従業員によるボランティア活動を行っています。

2015年度実績

ドイツ マツダモータース(ドイツランド)GmbH(MMD)

  • ■ デュッセルドルフのSOSチルドレン・アンド・ユース施設の難民の子どもたちやその指導者の移動のために、マツダ車1台を1年間無償で提供しました。2015年、ドイツでの予期せぬ欧州難民問題により、SCVは保護者のいない非常に多くの未成年の保護が必要となり、マツダ車提供はその課題解決に貢献しました。
  • ■ MMEメンバーに加えMMD従業員・マネジメント25名はデュッセルドルフ・ガラートの新しいSCV、デイケア・センターの支援を実施しました。12月には、子どもたちにプレゼントを贈り、歌、料理、手芸など多くのクリスマスイベントを行いました。レバークーゼンにあるMMD本社のクリスマスツリーに飾られた74名の子どもたちが書いた願い事リストを受け取ったMMD従業員が、一人ひとりにプレゼントを準備しました。
  • ■ ドイツ全土で開催される「ガールズデー」を支援し、自動車業界に興味のある12名にキャリア・オリエンテーションを実施しました。4月、MMDマネジメントと経験豊富な従業員が、自動車業界の技術分野で実現可能なキャリアの概要について説明し、MMD本社内のトレーニングセンターにてマツダ独自の技術を含めた技術説明会を行いました。

ドイツ : 無償でマツダ車を貸与

ドイツ :クリスマスイベント

オーストリア マツダオーストリアGmbH(MAG)

■ モースブルクのSOSチルドレンズ・ヴィレッジにある、不安定な家庭環境に置かれている子どもたちの支援施設、「バーバクス・ハウス」に対して8年間にわたり以下の支援を行っています。

  • ・定期的な寄付
  • ・「MoFA(移動家族支援プログラム)」のためにマツダ車を1台提供・4台貸与することで、 約120家族の日常生活を支援しました。
  • ・MAG従業員は、毎年恒例の交流日、SCVサマーフェスティバルで「カー・デザイン・ペインティング・ワークショップ」を開催しました。
  • ・MAG従業員によるレシピが掲載されている料理本を出版し、その収益を教科書の購入費として寄付しました。
  • ・MAG従業員の代表メンバーは、SCVのクリスマスパーティで「バーバクス・ハウス」の子どもたちにお手玉をプレゼントしました。また、MAG恒例のクリスマスくじの収益を寄付しました。

オーストリア : 移動家族支援プログラム

スペイン マツダオートモービルズエスパーニャ,S.A.(MAE)

  • ■ スペインでマツダ車販売台数に応じた寄付を続け、2万名の子どもたちの援助を目的としたSOSチルドレンズ・ヴィレッジのプロジェクトであるBSOSキャンペーン※1を支援しました。
  • ■ 子どもたちの学校送迎のため、マツダ車を2台貸与しました。

※1 このキャンペーンでは、100万件の寄付を行うことを目指しています。マツダの車が1台売れるたびに、マツダが1件の寄付(1回のキス)を行うもの。このキャンペーン名は、「besos(スペイン語で“キス”)」とSOSをかけたもの。

ハンガリー マツダモーターハンガリー(MMH)

  • ■ SCVやMMHが準備したリサイクルプラスチック製の広告用材料などを使って子どもたちが自分のバッグを作るというイベントを開催しました。
  • ■ 地元SCVの子どもたちが本当の両親に会いに行くための交通費を寄付しました。

ハンガリー : オリジナルバッグ制作体験

クロアチアおよびセルビア マツダモータークロアチア (MMC)

  • ■ クロアチア:マツダ車をSCVモバイル・チームへの1年間の貸与やメンテナンス費用(水、ガス、電気など)の金銭的支援を行いました
  • ■ セルビア:クラリェボのSCVに対してメンテナンス費用を支援しました。

クロアチア: 移動家族支援プログラム

セルビア : クラリェボのSCV支援

清掃ボランティア活動(欧州全体)

【環境】【地域】

目的

清掃ボランティア活動により地域へ貢献する。

取り組み

MMEとMMDの従業員の本社周辺清掃活動によりレバークーゼン市を支援する。

2015年度実績

3月、MMEとMMDの従業員30名はレバークーゼン市の春の清掃活動に協力し、1時間の清掃ボランティア活動を行いました。

春の清掃活動

ノーベル平和賞受賞者世界サミットの支援(欧州全体)

【人材】【地域】

目的

より良い世界へするための活動を支援しました。

取り組み

2013年以来、マツダは主要パートナーとして、サミットの実施および「Mazda Makes Thing Better Award」ワークショップを例年開催しています※2

2015年度実績

4月、MMEは2014年12月に開催した「第2回 Mazda Make Things Better Award」の受賞者を発表しました。日本の学生による「世界の若者による若者のためのオンライン・チューター制度」という革新的な若者向け教育プロジェクトが受賞し、現在、パイロットプロジェクトを実行中です。
11月、MMEはリーディングパートナーとして、第15回ノーベル平和賞受賞者世界サミット年次大会への金銭的支援とオフィシャルカー用マツダ車の提供を行いました(スペイン開催)。また、若者向けワークシップを主催し、世界各国の150名の生徒が参加しました。内50名は「第3回Mazda Make Things Better Award」に参加しました。

第2回Mazda Make Things Better Award

※2 マツダがユース・サミットのプログラムの一環としてワークショップの際にスタートさせたもので、若いながらも影響力を持つ人々に、政策立案者に対しその考えを表明する機会を与えることを目的としています。また、日常の生活をより快適で豊かなものにする近代的な政策支援のためのツールの活用を支援するもので、マツダの改善/改革へのチャレンジ精神を反映しています。