CSR

プロが魅せる!圧巻の10センチ車間駐車

船積み見学会

【日本】マツダ(株)

高さ15階立てビル相当の大型自動車運搬船の内部に潜入

高さ15階立てビル相当の大型自動車運搬船の内部に潜入

 マツダは、1996年より毎年小中学生とその保護者をお招きして、船積み見学会を開催しています。
 2017年度は、8月に広島県の本社工場に抽選で選ばれた約80名をお招きして、全長約200m、積載能力6,000台の大型自動車運搬船「ブラジリア ハイウェイ号」を見学。また、11月には山口県の防府工場に48名をお招きして「クリスタルエース号」を見学。

高さ15階立てビル相当の大型自動車運搬船の内部に潜入

 見上げるほど大きいこれらの船に、輸出されるマツダ車が次々と積み込まれ、誘導員の笛の合図に従ってわずか10cmの車間で瞬く間に駐車されていく様子はまさに圧巻。参加者はプロの技に一様に驚かれていました。
 船積みの様子を見学した後は、クルマ固定作業体験に加え、操縦室での船長さんからのレーダーデモンストレーションやレクチャーを受けながらの舵取り体験をしていただきました。参加者からは、「思った以上に大きな船だったのでびっくりしました」「クルマを運転する人の技術がすごいと思った」「この1台1台がお客さまの元へ届くと思うと感激した」などの感想が寄せられました。


数字で見る実績
継続年数:広島 22 年、防府 5
累計参加者数:広島1,124名、防府216