CSR

乗り込むワニに目がくぎづけ!野生動物保護に一役

オークランド動物園の支援

【ニュージーランド】マツダモータースオブニュージーランド(MMNZ)

思わず振り返ってしまうリアルな動物のラッピング車が活動をサポート

思わず振り返ってしまう
リアルな動物のラッピング車が活動をサポート

 MMNZは、非営利の野生動物保護団体として、ニュージーランドと世界の両方で野生動物の保護と未来を築くことに重点を置いているオークランド動物園とのパートナー契約に基づき、2012年よりマツダ車を提供して同動物園を支援しています。
 現在提供しているのは、Mazda3、CX-9、BT-50の3台。野生動物(在来種・外来種)の保護活動や輸送、138種、875匹の動物たちを飼育しているニュージーランド最大級の動物園での日々の保全業務に活躍し、スタッフをサポートしています。

思わず振り返ってしまうリアルな動物のラッピング車が活動をサポート

※年間700,000名以上の来場者があるオークランド動物園は、世界で最も先進的な動物園として高い評価を得ています。


数字で見る実績
継続年数:6
提供車両数:3