CSR

北海道剣淵試験場(北海道)

北海道上川郡剣淵町にある総合自動車試験場である北海道剣淵試験場は冬期の1月から2月まで耐寒試験を行っています。
1990年の開設以来、特に地域貢献に重点を置き、「けんぶち絵本の里づくり」活動※1への協賛や自動車試験場の特徴を生かした活動を継続的に行っています。

※1 「けんぶち絵本の里づくり」活動の拠点「絵本の館」で開催される、「けんぶち絵本の里大賞」や「けんぶち絵本の原画展」を支援。

【環境】環境保全に貢献する取り組み 【安全】交通安全に貢献する取り組み
【人材】次世代を担う「人」を育成する取り組み 【地域】地域に根ざした取り組み
【財団】マツダ財団を通じての活動

第27回北海道剣淵試験場での交流イベント開催

【地域】

目的

剣淵町民の皆さまとの交流を通じ、感謝の気持ちを伝える。

取り組み

毎冬、試験員を温かく迎え入れてくださる剣淵町民の皆さまに感謝し、1990年から毎年試験場を開放し、町民との交流イベントを実施しています。

2015年度実績

1月に交流イベントを開催。過去最多の約400名の町民の方々が来場。

  • ■ 雪上での催し(ジムカーナ大会、エアーボードレース、おもちゃすくいなど)。
  • ■ ビンゴ大会の実施。「ビンゴ」の方に広島の名産物などをプレゼント。
  • ■ 試験場での交流イベントに併せて、剣淵町道の駅において広島物産展※2の開催。
  • ■ その他、剣淵町の高校生6名を広島に招待しての三次試験場50周年イベントへの参加やマツダミュージアム見学実施(9月)。

ビンゴゲームの景品をプレゼント

ビンゴゲームの景品をプレゼント

※2 本社(広島)においては、1988年より毎年秋に「剣淵町物産展&北海道うまいものフェア」を開催し、剣淵町産のジャガイモやカボチャ、お米などの特産物を販売し交流している。