CSR

基本的な考え方

交通事故による死者数はグローバルと日本ともに増加傾向にあるため世界全体では年間125万名※1に達するといわれています(世界保健機関(WHO))。自動車メーカーとして安全性の向上は最も重要な課題の一つと考え、安全に関する取り組みを促進しています。

※1 2013年統計値。

マツダの安全についての基本的な考え方

マツダは「クルマ」「人」「道路・インフラ」の3つの視点で「事故のない安全なクルマ社会」を目指し、安全への取り組みを進めています。

安全への取り組み3つの視点

安全への取り組み3つの視点