2004年度

(1) 対象期間

再資源化に必要な行為を開始した年月日 2004年4月1日
再資源化に必要な行為を終了した年月日 2005年3月31日

 

2) 基準の遵守状況(法第25条第2項)

項目 実績値 法定基準値
シュレッダーダスト(ASR(※1))
再資源化率(※2)
56% 50%以上
エアバッグ類
再資源化率(※3)
95% 85%以上


(3) 再資源化等の状況

品目 項目 2004年度実績
シュレッダーダスト(ASR) 引取りASR総重量 2,343 t
リサイクル施設(※4)投入ASR総重量
リサイクル施設排出残さ総重量(※5)
1,408 t
180 t
委託全部利用(※6)投入ASR相当総重量
委託全部利用排出残さ総重量(※7)
188 t
2 t
引取り使用済自動車台数 13,199台
委託全部利用投入解体自動車台数 1,054台
エアバッグ類 引き取ったガス発生器の総重量 26 Kg
再資源化重量 25 Kg
回収個数 510個
作動個数 3,444個
回収台数 352台
作動台数 2,128台
一部回収/一部作動台数 3台
フロン類 CFCの引取り量 1,456 Kg
HFCの引取り量 2,208 Kg
CFCの引取り台数 4,375台
HFCの引取り台数 5,840台


(4) 払渡しを受けた預託金の総額 および 再資源化等に要した費用の総額 (単位:円)

品目 2004年度
払渡しを受けた
預託金
再資源化等に
要した費用
収支
ASR 81,552,250 97,953,526(※8) ▲16,401,276
エアバッグ類 4,116,830 3,743,714 373,116
フロン類 21,976,850 21,854,952 121,898
合計 107,645,930 123,552,192 ▲15,906,262

 

※1:Automobile Shredder Residue(自動車破砕残さ)

※2: 

※3: 


※4:自動車リサイクル法第28条で主務大臣の認定を取得したASR指定引取り場所のうち、施行規則第26条に定める基準に適合した施設(「基準適合施設」)を示す。

指定引取場所基準適合施設

※5:ASRをリサイクルすることによって生じるスラグや飛灰等のうち、販売や処理されないで施設に残ったもしくは埋立処分された廃棄物の総重量。

※6:自動車メーカーからの委託により実施される、ASRを生じさせない方法で(電炉、転炉等への投入により)解体自動車を再資源化処理する方法のこと。またこれを行う事業者を委託全部利用者という。

※7:委託全部利用者で鉄鋼製品を生産する際に生じるスラグや飛灰のうち、販売や処理されないで施設に残ったもしくは埋立処分された廃棄物の総重量。 

※8:マツダにて別途要した費用を含む。