CSR

リサイクル料金

現在販売中の車

乗用車

今まで販売した車

乗用車

リサイクル料金について

自動車リサイクル法に係るリサイクル料金(ユーザー預託金)について

当社は、自動車リサイクル法(※1)の定める3品目(フロン類・エアバッグ類・ASR(※2))の処理・リサイクルを適正且つ確実に実施していく為に、積極的な取組みを進めています。
お客様からお預かりするリサイクル料金は以下の通り設定しています。
これからも、法の趣旨に沿ってリサイクル料金を効率的に活用して、使用済自動車リサイクルの一層の推進を図っていきます。


■リサイクル料金は、3品目の処理・リサイクルに必要な費用を適切にお預かりする為、車種(車両形状)単位での設定を基本としました。

■フロン類・エアバッグ類・ASRそれぞれの料金設定の考え方は以下の通りです。

  1. フロン類料金は、エアコン装備車は乗用/商用問わず同一水準の料金を基本としました。(一部小型バス除く)
  2. エアバッグ類料金は、エアバッグやシートベルトプリテンショナーの装備個数に応じた料金としました。
  3. ASR料金は、車種・車両形状毎にASR重量に応じた料金としました。

※1 使用済自動車の再資源化等に関する法律
※2 AutomobileShredderResidue 自動車破砕残さ(シュレッダーダスト)

自動車リサイクル関連の「よくあるご質問」はこちらからご覧ください。

自動車ユーザー関連/事業者関連